FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


※詳細プロフィール:エミコさん

※今回の調教を最初から読むには『バドガール調教(その1)』まで。

**************************************************

エミコさんに穴あきショーツガーターベルト網タイツを身に着け、
その上にバドガールのコスチュームを着るように命じました。

そしてベッドに上がらせると両手首を重ねて綿紐で縛り
頭の上から後ろに両腕を引っ張って動かない状態にしました。

その上で背中に綿紐の起点を作って乳房の上下と谷間に
綿紐を這わせていき、乳房を強調する形に縛り上げました。

私は更にエミコさんにアイマスク口枷を嵌めて
手足の自由だけでなく視覚と言葉の自由をも奪いました。

その状態で私はエミコさんを仰向けに寝かせて大きく脚を開かせると
オルガスターバイブで2度の絶頂を迎えさせた上で
彼女に馬乗りになりイラマチオを強要しました。

私自身のイラマチオによる口唇凌辱による興奮と
エミコさんの口腔内を蹂躙される被虐的な興奮とで
私たちの欲望が爆発的に高まったのを感じました。

そして、私はコンドームを被せた屹立する肉棒を
迎え入れ態勢の整った彼女の秘孔に宛がって
一気に正常位で押し入っていきました。

「はううっ!ああっ、いいっ!気持ちいいっ!」
エミコさんは大きく開いた両脚の内腿の肉を震わせながら
肉壁を抉られる快楽に歓喜の声を上げました。

「ホラ、気持ちいいか?」
「あうっ!いいですっ!気持ちいいですっ!」
エミコさんは強烈な肉棒の圧迫刺激を受け止めながら
何度も激しく頷き、歓喜する様子を私に示しました。

「気持ちいいならもっと好きなところを責めてやろう…」
私はそういって彼女の足首を掴むと肩に乗せる体制を取り
彼女を屈曲させる態勢で肉竿を一番奥へと突き立てました。

「あおっ!あううっ!おおー!」
エミコさんの最も快楽を得られる子宮頚に肉棒が当たると
彼女はケモノのような雄たけびの声を上げました。

「ホラ、気持ちいいだろうがっ!ホラ、ホラッ!」
「あっ!いいっ!オマ○コ、気持ちいいっ!」
エミコさんは私の言葉と内臓を抉られるような肉棒の運動に
我を忘れたような激しい叫び声を上げました。

エミコさんの肉襞は私の律動に併せるように収縮を繰り返し
彼女の内部を抉る肉棒を自分の中に捕えようと蠢動しました。

私はエミコさんの両足を更に高い位置に持ち上げると
私自身も腰を浮かせて彼女の肉厚の秘唇に私の恥骨を
叩きつけるように打ち付けました。

「ああっ!すごいっ!奥に当たりますっ!ああっ!奥がいいっ!」
エミコさんは発狂したような声を上げながら顔を左右に振り
与えられる激しい快楽の波を受け止めている様子でした。

パンパンという皮膚の弾ける音とネチャネチャという卑猥で
陰湿な音が響くのに合わせて、
「ああっ!ああーっ!」
とエミコさんが嬌声のような甘い喘ぎ声を上げました。

私はその反応を見ながらエミコさんの体内を凶暴な肉竿で
蹂躙し続けたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3359-4d7f453c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック