FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私はアキノさんと調教日を決めてホテルの予約をとると
秋葉原で待ち合わせをしました。

そして、都内最大級の「大人のデパート」へ行き
女子高生の制服を購入することにしました。

当日、アキノさんは薄手の濃紺のブラウスに
白いタイトスカートを穿いて、落ち着いた雰囲気の服装で
待ち合わせ場所で待っていました。

彼女は改札を出てきた私を発見すると駆け寄ってきて
「おはようございます、ご主人様…」
と丁寧に頭を下げて挨拶しました。

「よし、では買いにいこうか…」

私はそう言うとお店に向かって歩き出しました。
アキノさんは私に遅れないように早足で私の後ろに
従うようについてきました。

私は慣れたいつものお店に入り上層階のコスプレコーナーへ
そそくさと上がっていきました。
アキノさんも私の後に従って階段を昇ってきました。

「さて、どれにしようか…」
私は売り場に飾られているコスチュームの中の
女子高生の制服のコーナーの前に立って
一着ずつ物色していきました。

アキノさんは嬉しそうな恥ずかしそうな態度で
黙ったまま私が物色するのを見つめていました。

「おい、アキノ、ちょっとこっちに来てみろ」
私はアキノさんを手招きして私の前に立たせると
制服を何着か手にとって彼女の身体に当てるように重ね
似合うか、サイズは合うか…等々を考えました。

何着か物色した制服の中から、
・紺のブレザーに紺のスカート、赤のネクタイ
・ベージュのブレザーに紺のチェックのスカート、赤いリボン
・グレーのブレザーに赤のチェックのスカート、赤いリボン
という3着ほどに絞りこみました。

「この中のどれがいい?」
と、アキノさんに確認しました。

「ええと、この中ですか…」
アキノさんは鏡の前に立つと取っ替え引っ替え身体に重ね
自分で確認していました。

「試着してみるか?」
私がからかうように言うと…
「いえ、流石にお店で痛い姿をお見せするのはちょっと…」
と躊躇していました。

「それも羞恥プレイなんだけどな…」
私はそうからかいながら、3着を交互に彼女の身体に重ね
どれが一番似合うかを比べました。

「これが一番いいだろう」
私はそう言ってベージュのブレザーに紺のチェックのスカート、
赤いリボンの制服を選びました。

そしてレジで会計を済ませるとホテルの部屋に向かいました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3365-73a1aab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック