FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私達は「大人のデパート」で女子高生の制服を購入すると
予約しているホテルに入りました。

ホテルの部屋で私がアキノさんに着替えを命じると、
彼女はショーツ1枚になり制服を着てソファに座る私の前の床に
正座しました。

私はアキノさんにチェーンリードを繋げた首輪を嵌めると
彼女に「メス犬の格好」を命じました。

アキノさんは四つん這いになって私にお尻を向けて突き出し
自ら刺激を求めるようにスカートを捲り上げました。
彼女の臀肉と谷間を這うよう細い布地Tバックショーツが
私の目に飛び込んできました。

私は彼女の晒け出された臀肉を平手でピシャリと叩きました。
彼女は繰り返し平手打ちを受けると苦痛と歓喜の声を上げ
彼女自身の花園に蜜を溢れさせました。

私がアキノさんのTバックショーツのクロッチをずらすと
大量に溢れた粘液の染みから花弁へ粘液が糸を引きました。

充分に濡れた秘襞は叩かれたら臀肉同様に熱を帯びながら
ヒクヒクと別の生き物のように蠢いていました。

私はその樹液w吐き出す泉の中央に指を這わせると
ベットリと淫汁を指に絡めました。

「あぁ~…はあぁ~…」
アキノさんは微妙に触れる指の感覚を感じとると
甘い喘ぎ声を上げながら、より強い刺激を求めるように
突き出した尻を左右に振りました。

「フフン…何を物欲しそうにケツを振ってるんだよ。
ケツを叩かれてこんなにマ⚪コ汁出して、変態だな」
私はヒクつく肉襞を指先で弄びながらアキノさんの耳元で
興奮を煽るように囁きました。

「あぁ…ご主人様…申し訳ございません…
お尻を叩かれて…オマ⚪コを濡らす変態で…
申し訳ございません…あぁ~…」
アキノさんはそう答えると、自分自身を再認識していました。

「フフン、これじゃあ物足りなさそうだな。
ケツを振ってアナルがヒクヒク動いてるぞ」
「あぁ…淫乱なメス犬で申し訳ございません…
もっと激しく虐められたいです…あうう~…」
アキノさんは私に煽られて更に強い刺激を求めました。

「あん?もっと強い刺激はどうして欲しいんだ?」
「あ、あの…オマ⚪コの中を掻き回して下さい。
グチャグチャに掻き回して…虐めてください…」
「フン、マ⚪コの中を掻き回されたいならそうしてやるよ」

私はそう言うとアキノさんの膣粘膜を押し広げるように
充分に牝汁を絡めた2本指を押し込んでいきました。

「あっ!ああーっ!いいっ!すごくいいですっ!」
アキノさんは指の侵入を受け入れながら身体をのけ反らせ
歓喜の声を上げなました。

彼女の括約筋は指の動きに合わせるように強くすぼまり
その締め付けの強さが私の指に伝わってくるのが感じられました。

「オラ、マ⚪コ気持ちいいか?」
「はい、オマ⚪コ、気持ちいいです。もっと掻き回して下さい。
もっと激しく虐めてください…」
アキノさんはブルブルとお尻から内腿を震わせながら
襲ってくる快楽刺激の波に飲まれていきました。

「そうか…じゃあ、掻き回してやるよ…
ホラッ、たっぷり喜べ」
私はそう言いながら指を激しく注挿し始めました。
そして、中指で奥のポルチオを、人差し指でGスポットを責め
彼女がもっとも喜ぶ快楽を与えました。

「ああっ!いいっそこ、すごく気持ちいいっ!
オマ⚪コ気持ちいいっ!もっと虐めてください!」
アキノさんはそう叫ぶように喘ぎ声を上げながら
与えられる指での激しい刺激に歓喜し続けたのです。


つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3368-41a5c43f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック