FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達は「大人のデパート」で女子高生の制服を購入すると
予約しているホテルに入りました。

ホテルの部屋で私がアキノさんに着替えを命じると、
彼女はTバックのショーツ1枚になってから直に制服を着て
ソファに座る私の前の床に正座しました。

私はアキノさんにチェーンリードを繋げた首輪を嵌めると
彼女に「メス犬の格好」を命じました。

アキノさんは四つん這いになって私にお尻を向けて突き出し
自ら刺激を求めるようにスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩くと彼女は苦痛と歓喜の声を上げ
彼女自身の花園に蜜を溢れさせました。
私はその淫蜜の溢れるヴァギナに指2本を押し込んでいきました。
そして指でヴァギナの中を掻き回しながら同時にお尻を叩きました。

「ああっ!いいっ!ご主人様、気持ちいいっ!
お尻とオマ⚪コが気持ちいいですっ!おおーっ!」
アキノさんは粘膜を掻きむしられる快楽と
臀肉に叩きつけられる苦痛とが降り混じった感覚で
狂ったように叫び声を上げました。

「マ⚪コをホジられてケツを叩かれて気持ちいいのか。
この変態マゾ女!」
「ああっ!はい、気持ちいいです!オマ⚪コもお尻も…
すごく気持ちいいですっ!ああっ!あううっ!」
アキノさんは私の言葉に煽られるようにそう答えると
刺激に応えるように何度も括約筋を収縮させました。

「フフン、ケツ叩かれるたびに締め付けやがって…。
よっぽど気持ちいいみたいだな。あん?」
私はそう言いながら更に何度もお尻を叩き
グチョグチョと音をたてながら激しく指を動かしました。

「ああっ!すごいっ!すごく感じますっ!
オマ⚪コの中もお尻もすごく感じますっ!あおおっ!」
アキノさんは叩かれたらお尻を小刻みに震わせて
興奮を高めながら答えました。

そして、次第にお尻の震えが内股から腿への痙攣に変化し
彼女の括約筋の収縮がアナルの蠢動と腟壁の締め付けで
感じられました。

「ああっ!ご主人様…もう…もうダメです…。
あううっ!逝きそうです…。もう逝きそうですっ!」
アキノさんは突き出したお尻をブルブルと震わせてながら叫ぶと
内腿を痙攣させるように収縮させ始めました。

「何だ?マ⚪コ掘られてケツを叩かれて逝くのか?」
私は容赦なくお尻を叩き続け指での刺激を継続しました。

「はい、逝きそうです。もう…逝きそうです。
ご主人様…逝かせていただいていいですか…。
もう我慢できません。逝かせて下さい。お願いします…」
アキノさんは与え続けられる痛みと快楽の混合刺激に
半狂乱のように叫びながら絶頂を迎える許可を求めました。

「フン、ケツ叩かれてそんなに逝きたいか?この変態マゾ女!」
「はい、逝きたいです。お尻を叩かれて逝きたいです!。
お尻を叩かれて喜んで逝ってしまう私は変態です!
お尻を叩かれてオマ⚪コ掘られて逝きたいですっ!」
「フン、お前は本当に変態だな。じゃあ逝っていいぞ」
「ありがとうございます。ご主人様…ありがとうございます。
逝きます!ああっ!逝っちゃいます!おおっ!おおーっ!
逝きますぅーっ!あおおーっ!」

アキノさんはそう絶叫すると背筋をピンと伸ばして痙攣させ、
臀肉から内腿にかけてブルブルと激しく震わせました。
そして膣肉を激しく収縮させて私の指を飲み込むように
彼女の身体の奥の快楽部位へと誘っていきました。

彼女は一気に快楽の頂点を迎えた後、脱力して果てると
ハァハァと激しく呼吸しながら多幸感の余韻に浸っていました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3370-e412384e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック