FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私達は女子高生の制服を購入すると予約しているホテルに入り
アキノさんに着替えを命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚の上に直に制服を着て首輪を着け
ソファに座る私の前で彼女は四つん這いで私にお尻を向けて突き出す
「メス犬の格好」でスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩きながらヴァギナに指2本を押し込み
膣内を掻き回すと彼女は絶頂を迎えて果てました。

次にアキノさんは躾けられた通りに私の服を脱がせると
全裸でベッドに横たわる私に奉仕をすることになりました。

アキノさんはベッドに仰向けに横たわる私の上に覆い被さると
耳からうなじ、首筋へとネットリとした唾液を絡めた舌を
左右に小刻みに動かしながら這わせていきました。

私は彼女の舌の蠢動と唾液の粘着する生暖かい感覚を感じて
ゾクゾクとする感触を楽しみました。

その感触に反応するように私の海綿体が充血し始めるのを
アキノさんは察したようで、私の股間に手を伸ばし
硬直していく私の肉茎を丁寧に撫で始めました。

「あぁ…ご主人様に喜んでいただけて…嬉しいです…」
アキノさんはそう言いながら私の肉体の変化を確かめるように
硬くなった棹を手で上下に摩擦しました。

そして更に唇に乳首を含んで軽く吸い歯を立てて刺激しつつ
舌先で転がすように愛撫していきました。

「フフッ、嬉しそうだな」
私が笑いながらアキノさんにそう言うと…
「はい、嬉しいです…ご主人様にご奉仕できて嬉しいです…」
と上目使いに私に視線を向けて答えました。

「フフフ…そうか。じゃあ好きなだけ舐めていいぞ…」
「あぁ…ありがとうございます。嬉しいです…。
ご主人様にご奉仕できて嬉しいです…」

「フフン、お前は奉仕するのが嬉しいんじゃないだろう。
オスの臭いを嗅いで興奮したいだけだろうが、この変態」
「あぁ…申し訳ございません、ご主人様…。
仰る通り…私はご主人様の匂いを嗅いで喜んでいます…。
ご主人様の匂いで興奮する…変態です…あぁ…」
アキノさんはウットリとした表情でそう答えながら
乳首を舐め続け、鼻を鳴らして私の匂いを嗅いでいました。

「匂いが嗅ぎたいなら舐める場所が違うだろう…」
私に促されるとアキノさんは嬉しそうに私を見上げて
「ご主人様、ありがとうございます。とても嬉しいです…」
と答えて、顔を脇毛の中に埋めていきました。
そして、毛根から毛についた汗と匂いを舐めとるように
舌を丁寧に這わせました。

「んん…あぁ…ご主人様…美味しいです…あぁ…
ご主人様の匂い…大好きです…んんっ…んふんっ…」
アキノさんは脇から発する強い男の体臭に顔を歪めながらも
その臭いを喜ぶように何度も繰り返し舌を這わせました。

そして、片側の脇の臭いを完全に舐めとると、
今度は反対側に身体を移動して、同様に顔を埋めて
残った体臭を舐め取っていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3379-c8d389b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック