FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私達は女子高生の制服を購入すると予約しているホテルに入り
アキノさんに着替えを命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚の上に直に制服を着て首輪を嵌め
ソファに座る私の前で四つん這いになり私にお尻を向けて突き出す
「メス犬の格好」でスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩きながらヴァギナに指2本を押し込み
膣内を掻き回すと彼女は最初の絶頂を迎えて果てました。

次にアキノさんは躾けられた通りに私の服を脱がせると
全裸でベッドに横たわる私に奉仕をすることになりました。

彼女は私に覆い被さり、耳元から首筋、乳首を舐め、
脇の臭いを嗅ぎながら舐め、腹部、へそ、足を舐めました。
そして、足を舐めながら私にお尻を向けて跨がり、
私の指でヴァギナの中を掻き回されて昇天して果てました。

続けて私がフェラチオをすることを許可すると
嬉々として彼女は身体を私の両脚の間に滑り込ませて
フェラチオを始めました。
私はその彼女の頭を抑えつけイラマチオを強要しました。

「フフン、そろそろチ○ポ欲しいか、あん?」
私はアキノさんの頭を抑えつけて肉槍を彼女の喉奥への
何度も突き立てながら訊ねました。

「ウグッ!ふぁい(はい)…ウグッ!グフッ!エグッ!」
アキノさんは肉塊で喉奥を蹂躙され苦悶の涙を流し、
呻き声を上げながら答えました。

「じゃあ、いいだろう。乗れ」
私がそう言って掴んでいた彼女の髪を手放すと
「ウプッ…ハァハァ…」
と、呆然とした表情で呼吸困難から解放されたように
激しく呼吸しました。

既に制服は唾液と涙でベットリと染みがつき
無惨に汚れて着崩れていました。

「オラッ、休んでる場合じゃねえだろう」
私は呆然として呼吸を整えるアキノさんの頭を小突くと
「ハァハァ…も、申し訳ございません、ご主人様…」
と意識の遠退いた虚ろな顔で答えました。

「あん?チ○ポ欲しいんじゃねぇのかよ」
「ううう…欲しいです…ご主人様のオチ○チン…欲しいです…」
「欲しいならグズグズしてないでサッサと跨がれ」
「あうう…申し訳ございません、ご主人様…、失礼致します…」

アキノさんは自らスカートをまくり上げてお尻が見えるようにして、
対面騎乗位で私の上に跨がって乗りました。
そして、Tバックショーツのクロッチを自分で横にずらし、
私の肉茎の先端を自分の曝け出された花弁の中心に宛がって
一気に上から体重をかけて身体を沈めてきました。

「あぁ~…はぁ~…」
アキノさんは顔を仰け反らせて身体の芯まで肉茎が届くように
恥骨を密着させて喘ぎ声を上げました。
これまでの羞恥や苦痛、苦悶から解放されて快楽だけに耽るように
恍惚の表情で歓喜の喘ぎ声を上げました。

「何を独りでよがってるんだよ」
私がアキノさんを叱りつけて頬を平手打ちすると…
「あううっ…申し訳ございません、ご主人様…」
と力無く答えて身体を上下運動させ始めました。

「ご主人様…いかがですか…お楽しみいただいていますか…。
ご主人様に喜んでいただきたいです。ああっ!ああっ!」
アキノさんはそう言いながら身体を前後左右に動かしながら
膣襞で私のペニスを包み込み快楽を与え続けたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3400-23d4c0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック