FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私達は女子高生の制服を購入すると予約しているホテルに入りると
彼女はTバックショーツ1枚の上に直に制服を着て首輪を嵌め、
ソファに座る私の前で四つん這いになり私にお尻を向けて突き出す
「メス犬の格好」でスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩きながらヴァギナに指2本を押し込み
膣内を掻き回すと彼女は最初の絶頂を迎えて果てました。

次にアキノさんは躾けられた通りに私の服を脱がせると
全裸でベッドに横たわる私に奉仕をすることになりました。

そして、足を舐めながら私にお尻を向けて跨がり、
私の指でヴァギナの中を掻き回されて昇天して果てました。

続けて私がフェラチオをすることを許可すると
嬉々として彼女は身体を私の両脚の間に滑り込ませて
フェラチオを始めました。
私はその彼女の頭を抑えつけイラマチオを強要しました。

頃合いも良しと感じた私はアキノさんに命じて
対面騎乗位でペニスを挿入していきました。

「ご主人様…いかがですか…お楽しみいただいていますか…。
ご主人様に喜んでいただきたいです。ああっ!ああっ!」
アキノさんはそう言いながら身体を前後左右に動かしながら
膣襞で私のペニスを包み込み快楽を与え続けました。

「フン、気持ちいいのか、あん?」
「はい、ああっ!気持ちいいです、ああっ!
ご主人様のオチ○チン、すごく気持ちいいです!おおおっ!
オマ○コの奥に当たって…気持ちいいです!おおーっ!」
アキノさんはケダモノのような咆哮を上げながら
激しく腰を前後左右に振り恥骨を擦り付け、
彼女の最も感じるポルチオにペニスの先端が当たるように
動き続けました。

「オラッ、もっと感じろっ!オラッ!オラッ!」
私はそう言いながらアキノさんの動きに合わせるように
腰を突き上げてグリグリと子宮剄に亀頭を擦り付けました。

「ああっ!すごいっ!ご主人様っ!逝きますっ!逝きますうっ!」
アキノさんはそう絶叫すると顔を仰け反らせて口を開き
犬のように舌を差し出して呼吸を止めてビクビクと痙攣しました。
そして呆然とした表情でガックリと項垂れました。

「何を勝手に逝ってるんだよ!」
私は項垂れるアキノさんの頬に平手を浴びせました。

「あううっ…申し訳ございません、ご主人様…。
勝手に独りで逝ってしまい…申し訳ございません…」
アキノさんは平手打ちの衝撃で我に返ると涙目で謝罪し
再び腰を律動させ始めました。

「おおっ!ご主人様、お楽しみいただいていますか…。
奴隷のオマ○コでお楽しみいただいていますか…おうっ!あうっ!」
アキノさんは膣壁の摩擦による快楽を必死に圧し殺しながら
私を楽しませようと身体を動かし続けました。

私は容赦することなくアキノさんの最も感じる部分に
再び肉槍を突き立てるように腰を突き上げました。

「おおっ!すごいっ!ご主人様っ!すごくいいっ!
ああっ!ダメっ!もうダメっ!逝くっ!また逝くっ!」
アキノさんはブレーキの壊れた車両のように止まることは出来ず
襲い来る快楽に飲まれて連続的に昇天して果てました。

「ああっ!ご主人様のオチ○チン、気持ちいいです!。
ご主人様のオチ○チン、大好きです。もっと欲しいです、ああっ!」
アキノさんは壊れたようにいい続けると我を忘れて激しく腰を振り
ペニスで自らの膣内を掻き回すように貪りました。

「ああっ!いいっ!また逝くっ!また逝くーっ!」
「ああっ!オマ○コ気持ちいいっ!オマ○コ逝くーっ!」
「ああっ!オチ○チン気持ちいいっ!ダメっ!逝くうっ!」
アキノさんは絶叫を繰返しながら何度も絶頂に昇り詰めては
果て続けたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3402-30109fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック