FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私達は女子高生の制服を購入すると予約しているホテルに入りると
彼女はTバックショーツ1枚の上に直に制服を着て首輪を嵌め、
ソファに座る私の前で四つん這いになり私にお尻を向けて突き出す
「メス犬の格好」でスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩きながらヴァギナに指2本を押し込み
膣内を掻き回すと彼女は最初の絶頂を迎えて果てました。

次にアキノさんは躾けられた通りに私の服を脱がせると
全裸でベッドに横たわる私に奉仕をすることになりました。

そして、足を舐めながら私にお尻を向けて跨がり、
私の指でヴァギナの中を掻き回されて昇天して果てました。

続けて私がフェラチオをすることを許可すると
嬉々として彼女は身体を私の両脚の間に滑り込ませて
フェラチオを始めました。
私はその彼女の頭を抑えつけイラマチオを強要しました。

頃合いも良しと感じた私はアキノさんに命じて
対面騎乗位でペニスを挿入していきました。
そして、彼女を何度も絶頂に導きました。

数え切れないほどの絶頂を迎えたあと、アキノさんは
喉を枯らし汗と唾液とにまみれた疲労の極限の状態で
私の上に崩れ落ちて動かなくなりました。

「フン、淫乱メス犬は逝きまくって満足したか」
私は冷たくそう言うと彼女の膣から愛液でドロドロに汚れた
ペニスを抜いてベッドに放り出しました。

「あぁ…ありがとうございます…ありがとうございます…」
アキノさんは壊れた機械のように無機質な言葉を発しながら
仰向けで呆然と天井を見つめていました。

私はそんなアキノさんに構わず綿紐を取り出すと
アキノさんうつ伏せにして後ろ手に縛っていきました。

「あぁ…ううう~…あうう~…」
アキノさんは精魂尽き果てて抵抗する力もない様子で
脱力した呻き声を漏らすだけでした。

私はそれでも構わず制服の上から乳房をくびり出すように
綿紐を掛けて縛り上げていきました。

縛り終えたところで私はアキノさんの首輪のリードを掴み
「オラッ!いつまでもダラけてるんじゃねぇっ!」
と、首輪を強く引き上げました。

「ひっ!も、申し訳ございません、ご主人様…あうう…」
アキノさんは首を吊られるような姿勢で引き起こされると
ヨロヨロと力無く私に引かれるまま従いました。

「オラッ、サッサと座れ!」
アキノさんは私に命じられてソファに座らされると
大きく両脚をM字に開脚させられ、そのままの姿勢でソファに
縛り付けられていきました。

「あうう~…ううう…」
アキノさんは縛り付けられている間も言葉にならない呻き声を上げ
脱力した無抵抗のままされるがままとなっていました。

「フン、いいザマだな。じゃあ、もっとメス犬らしくしてやろう」
私はそう言うと口枷をアキノさんの口に押し込んで噛ませて固定し
更にアイマスクを嵌めて視覚も奪いました。

「ううう~…くふう~…むぐう~…」
アキノさんは不安そうに呻き声を上げ続けましたが
私はその不安そうな恐怖に震える彼女の様子を見て
自分の中のサディスティックな嗜好がより高まるのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3403-46279b93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック