FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

**************************************************

私達は女子高生の制服を購入すると予約しているホテルに入りると
彼女はTバックショーツ1枚の上に直に制服を着て首輪を嵌め、
ソファに座る私の前で四つん這いになり私にお尻を向けて突き出す
「メス犬の格好」でスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩きながらヴァギナに指2本を押し込み
膣内を掻き回すと彼女は最初の絶頂を迎えて果てました。

次にアキノさんは躾けられた通りに私の服を脱がせると
全裸でベッドに横たわる私に奉仕をすることになりました。

そして、足を舐めながら私にお尻を向けて跨がり、
私の指でヴァギナの中を掻き回されて昇天して果てました。

続けて私がフェラチオをすることを許可すると
私はその彼女の頭を抑えつけイラマチオを強要しました。

頃合いも良しと感じた私はアキノさんに命じて
対面騎乗位でペニスを挿入していきました。
そして、彼女を何度も絶頂に導きました。

何度も逝き果てた後のアキノさんを綿紐で縛ると
M字開脚の状態でソファに縛り付け口枷とアイマスクを嵌め、
ディルドでヴァギナを責めて昇天させました。

「なんだ?もう逝ったのか、あん?」
「ハァハァ…おおう…おうう…ハァハァ…」
私が意地悪くディルドを動かしながら訊ねると
アキノさんは息を整えるように激しく呼吸しながら呻き
何度も繰り返し頷きました。

「フン、だらしねぇな…。しっかりしろ!」
私はそう言いながらアキノさんの頭を平手で小突きました。

「あううっ!…うう~…おうう~…」
アキノさんは頭を叩かれて小さく叫びましたが
そのあとは項垂れたまま申し訳なさそうに呻いていました。

「ホラ、続きだ!」
私はそう言いながら再びディルドを激しくピストンさせました。
そして、ディルドがポルチオに当たる手応えを感じとると
グリグリと激しく掻き回しました。

「おおーっ!ぐおうっ!おぐっ!おごっ!あごおおっ!」
アキノさんは発狂したように脚をバタつかせて顔を左右に振り
激しくのたうち回りました。
しかし、ガッチリと身体を拘束する紐は彼女が暴れるほど
キツく食い込み締め上げる結果になりました。

「フフフ…どうだ、暴れると苦しいだろうが…。
ホラ、もっと苦しめ…ホラ、ホラ…」
私は悪魔のように囁きつつ狡猾な笑い顔を浮かべながら
彼女に快楽と苦痛を同時に与えられるように責め続けました。

「おぐうっ!あごおっ!あぐっ!おっおおっ!おおーっ!」
アキノさんは再び断末魔の絶叫を上げると全身を仰け反らせ
ブルブルと痙攣したように震えながら呼吸を止めました。
そして、ガックリと首が落ちるように力尽きて果てました。

その様子で彼女が連続的に昇天したのが感じられました。

「フフン、また逝ったのか、この変態の淫乱マゾ女」
「おうう~…おおう~…あうう~…」
アキノさんは肩を揺らしながら激しく呼吸し、
口からはだらしなくヨダレを垂らして何度も頷きました。

私はアキノさんのブレーキが外れたことを確認すると
容赦なくディルドでの責めを継続しました。

「オラッ!逝けっ!この淫乱の変態があっ!」
私はアキノさんの被虐心を煽りながら更に強い刺激を与えました。

「あごおっ!うがあっ!はぐうっ!おぐうっ!あおおーっ!」
アキノさんは発狂したように何度も雄叫びをあ上げながら
絶頂を迎えては果てることを繰り返したのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3405-724ff353
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック