FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生冬服編(その1)』まで。

*************************************************

私達は女子高生の制服を購入すると予約しているホテルに入りると
彼女はTバックショーツ1枚の上に直に制服を着て首輪を嵌め、
ソファに座る私の前で四つん這いになり私にお尻を向けて突き出す
「メス犬の格好」でスカートを捲り上げました。

私がその臀肉を平手で叩きながらヴァギナに指2本を押し込み
膣内を掻き回すと彼女は最初の絶頂を迎えて果てました。

次にアキノさんは躾けられた通りに私の服を脱がせると
全裸でベッドに横たわる私に奉仕をすることになりました。

そして、足を舐めながら私にお尻を向けて跨がり、
私の指でヴァギナの中を掻き回されて昇天して果てました。

続けて私がフェラチオをすることを許可すると
私はその彼女の頭を抑えつけイラマチオを強要しました。

頃合いも良しと感じた私はアキノさんに命じて
対面騎乗位でペニスを挿入していきました。
そして、彼女を何度も絶頂に導きました。

何度も逝き果てた後のアキノさんを綿紐で縛ると
M字開脚の状態でソファに縛り付け口枷とアイマスクを嵌め、
ディルドとバイブで責めて繰り返し昇天させました。

アキノさんは発狂したように何度も連続で絶頂を迎えると
失神したように動かなくなりました。
バイブで掻き回しながら刺激を続けても時折ビクッビクッと
痙攣のように跳ねるだけで意識朦朧として反応が無くなりました。

私は彼女のその様子を苦々しく見つめながら…
「オラッ、ボケッとしてるんじゃねぇよ」
と頬を平手打ちしました。

ですが、アキノさんはまるでドラッグ中毒でラリったように
ぼーっとして反応を示しませんでした。
ハァハァと激しく呼吸しながら答えもなく茫然自失の様子でした。

私は「もうこれ以上は無理だな…」と判断して
ペニスにコンドームを被せると彼女の中に押し入っていきました。

「あぁ~…あうう~…はぁ~…」
アキノさんからは脱け殻のような声が上がり脱力したままで
呆然と私自身侵入を無抵抗で受け入れていきました。

「ホラッ、ボケッとしてないでマ○コ絞めろっ!」
私がそう叱りつけて彼女の頬を平手打ちしても
彼女は恍惚の世界漂い呆然としたまま何の反応も示しませんでした。

「ううっ…あうう~…ううう~…」
アキノさんは叩かれた瞬間は衝撃で膣筋肉が収縮するのですが
すぐにまた弛緩すると呆然としたまま放心状態に陥り、
ペニスで膣内を激しく掻き回されて刺激されても
力無く呻くだけで殆ど反応を示すことはありませんでした。

「チッ、仕方ないな…」
私は諦めの境地で彼女の両脚を掴んで持ち上げて屈曲姿勢にし、
彼女の女芯の一番奥を肉茎の先端でゴリゴリと刺激しました。

「おううっ!おおっ!おおっ!」
既に何度も達して興奮が最高潮に至っているアキノさんは
僅かな肉槍の突き上げを受けてあっという間に昇天し、
キュンキュンと膣壁を強く収縮させました。

アキノさんの無意識な膣筋肉の蠢動を私は楽しもうと
何度も同じポイントを責め続けました。

「おううっ!おおおっおおーっ!あおおーっ!」
アキノさんは叫び声繰り返し上げながら何度も絶頂を迎え、
その都度膣筋を強く収縮させて私の肉棒を締め付けました。

私は彼女が無意識で与えてくるその膣粘膜の感触を楽しみながら
自分自身の興奮を高めていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3408-f152a3bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック