FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん


前回の女子高生の制服で調教した後、
アキノさんから感想のようなメールが送られてきました。

> ご主人様、先日の調教はありがとうございました。
> 私はコスプレが好きなのでとても楽しかったですし
> ご主人様に似合うコスチュームを選んでいただけて
> とても嬉しかったです。
>
> 先日、ご主人様に選んでいただいた制服ですが、
> ブレザーを脱いでニットのベストを着ると
> 夏服としても使えます。
>
> 今度、機会があったら夏服でも調教して欲しいのですが
> ご主人様、よろしいでしょうか。

そうアキノさんの希望が書かれていました。


> いいだろう。お前はそういうロリっぽい服は似合うと思うし
> 私も制服でのプレイは好きだからな。
>
> 次回は夏服でプレイしてやるから用意してきなさい。

私はそうアキノさんに返信しました。

> かしこまりました、ご主人様。
> では、次回のご調教の時には紺のニットのベストを持参します。
> 次回も制服でご主人様に縛っていただきたいと思っています。

アキノさんからは嬉しそうな返信が返ってきました。

そうして私たちは何度かメールを交換しながら日程を決め
次回の調教の日を迎えることになりました。

その間にアキノさんは自分で女子高生用の紺のベストを買い
準備していた様子でした。

当日、いつもの通り待ち合わせ場所に行くと、
アキノさんは既に到着して私を待っていました。

「おはよう。ちゃんと準備してきたか?」
「あ、おはようございます。準備してきました」
アキノさんは私に声を掛けられると私を見上げて
嬉しそうな恥ずかしそうな表情でそう答えました。

「そうか。じゃあ楽しみだな。では行こうか」
「はい、かしこまりました、ご主人様…。私も楽しみです」
アキノさんは明るくそう答えると嬉々とした表情を浮かべ
私の後ろについてホテルへと向かいました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3422-d2f65439
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック