FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生夏服編(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私たちはいつものホテルにチェックインすると先に私が服を脱ぎ
ホテルの部屋着に着替えてソファに座ました。
そしてアキノさんに持参した制服に着替えるように命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚になってから白のブラウス、
チェックのスカート、紺のニットのベスト、赤のリボン、
紺のハイソックスを身に着け、私の前の床に正座しました。

私はアキノさんに首輪を嵌め、ベッドの上に座らせると
紅い綿紐で後ろ手に、胸を強調するように上半身を縛り、
彼女をうつ伏せにしました。

縛られることで既に濡れている彼女のTバックの中を脱がせ、
その上で、綿紐で両脚を膝を折るようにして縛り、
外側に開くように脚を固定して縛り上げました。

そして更にアイマスク開口枷を嵌めてディルドを挿入し
膣内を激しく掻き回して昇天させました。

「なんだ?もう逝ったのか?だらしねぇな…」
「おうう…おうう~…おふう…ハァハァ…」
アキノさんは申し訳なさそうに頷きながらグッタリとして
ベッドにうつ伏せになっていました。

「ホラ、まだ終わってねぇだろうがっ!」
私はそう言って再びアキノさんのお尻を強く平手打ちすると
ディルドを彼女の身体の一番深い所へ沈めて回転させました。

「あがあっ!ひぐっ(逝くっ)!はがひぐっ(また逝くっ)!」
彼女が最も弱いポルチオを激しくシリコンが抉ると
アキノさんはひとたまりもなく絶頂を迎えました。
秒殺されるように全身を仰け反らせて痙攣すると
口から大量に泡状の涎を吹き出して絶頂を迎えました。

そして脱力してベッドに落ちると肩で激しく呼吸しながら
ピクピクと身体を小刻みに震わせました。

「チッ、簡単に逝きやがって…ホラ、まだまだだ…オラッ」
私はそう言いながら再びディルドを回転させながら注送運動させ
彼女の体内の敏感な部分を掻き回しました。

「おおっ!おぐうっ!あごっ!はがっ!」
アキノさんは言葉にならない野獣のような絶叫を上げて
送り込まれる狂暴なシリコンを受け止めました。

そして、更に喜んで受け入れるが如く潤滑油を分泌し、
膣襞肉と括約筋を収縮させ、疑似肉茎をくわえこんで
逃がすまいと、別の生き物のように運動し続けていました。

私はその反応を見つめながら、ディルドを抜き差ししつつ
一番奥へ押し込んでポルチオをほじるように責めたのです。

「はごおっ!ひぐっ(逝くっ)!、はがひぐっ(また逝くっ)!」
アキノさんは何度もポルチオの奥を責め続けられ
繰り返し絶頂を迎えては果てました。

「ひいっ!おぐっ!ひごひいいっ(気持ちいいっ)!、おおっ!
ひぐっ(逝くっ)!、はがひぐっ(また逝くっ)!、ひぐっ(逝くっ)!
おおっ!おごおっ!ひぐっ(逝くっ)!、ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんは狂ったように何度も叫びながら身体を仰け反らせ
襲い来るエクスタシーの波に飲まれ続けていました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3430-fe5eea99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック