FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生夏服編(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルにチェックインすると先に私が服を脱ぎ
ホテルの部屋着に着替えてソファに座ました。
そしてアキノさんに持参した制服に着替えるように命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚になってから白のブラウス、
チェックのスカート、紺のニットのベスト、赤のリボン、
紺のハイソックスを身に着け、私の前の床に正座しました。

私はアキノさんに首輪を嵌め、ベッドの上に座らせると
紅い綿紐で後ろ手に、胸を強調するように上半身を縛り、
彼女をうつ伏せにしました。

縛られることで既に濡れている彼女のTバックの中を脱がせ、
その上で、綿紐で両脚を膝を折るようにして縛り、
外側に開くように脚を固定して縛り上げました。

そして更にアイマスク開口枷を嵌めてディルドを挿入し
膣内を激しく掻き回して繰り返し昇天させました。

「フフン、何度も逝きやがって。だらしねぇな…」
私はアキノさんの蜜泉に埋め込まれた疑似肉茎を引き抜きながら
彼女を蔑むように言いました。

彼女の体内から出てきたシリコン棒は彼女の粘液と体温とで
絶妙の温かさを保ち、肉襞へ粘液の糸を引きました。

私は次にディルドに代えて電マを取り出すとアタッチメントを装着し
アキノさんの粘液で潤んだ肉丘に押し当ててなぞりました。

「ふうう…くうう…むふう…うふう…」
アキノさんはシリコンが花弁や蕾に当たる感覚を得るたびに
溜息のような切ない声を漏らしました。

「フフフ…コレが何かわかるんだろう…ホラ…」
私はそう言いながら肉芽をシリコンの先端でグイグイと押しながら
ザラついた感触を彼女の粘膜に与え続けました。

「くっ…ふうっ…むふうっ…くふうっ…」
アキノさんは後ろから責める私の方に顔を向けながら頷き、
シリコンが秘粘膜に触れる感触を確かめていました。

私はアキノさんの反応を確かめながら電マの振動スイッチを入れ
そこから伝わるシリコンの振動を彼女の敏感な粘膜に伝搬させました。

「はおっ!おおっ!はおおおっ!あおおおっ!」
アキノさんは核芯から全身に電気的な快楽信号が駆け巡り
身体をビクッ、ビクッと繰り返し震わせて声を上げました。

「フン、ホラ、気持ちいいだろうが、あん?」
既に何度も絶頂を迎えて、プックリと充血して膨らんだ淫核は
微小な刺激を受けても過大に感受しているようでした。

彼女はバタバタと四肢を動かして暴れて振動刺激を受け止め
必死に耐え続けている様子でした。

「ホラ、もっと喜べよ、ホラッ…」
私はそう言いながら振動し続けるシリコンの突端を淫核に宛がい
グイグイとザラつく面で剥き出しの粘膜を擦り上げました。

「おおっ!おぐっ!ひぐっ(逝くっ)、はがひぐっ(また逝くっ)!」
アキノさんは開口栓で不自由な口でそう意思表示すると
身体を仰け反らせて痙攣させました。

そしてあっという間に絶頂を迎えるとベッドに崩れ落ちて
ハァハァと激しく呼吸しながら茫然自失となったのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3431-bf590217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック