FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生夏服編(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルにチェックインすると先に私が服を脱ぎ
ホテルの部屋着に着替えてソファに座ました。
そしてアキノさんに持参した制服に着替えるように命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚になってから白のブラウス、
チェックのスカート、紺のニットのベスト、赤のリボン、
紺のハイソックスを身に着け、私の前の床に正座しました。

続けてアキノさんに首輪を嵌め、ベッドの上に座らせると
紅い綿紐で後ろ手に、胸を強調するように上半身を縛り、
彼女をうつ伏せにし、両脚を膝を折るようにして重ねて
外側に開くように脚を固定しました。

そして更にアイマスク開口枷を嵌めてディルドを挿入し
膣内を激しく掻き回して繰り返し昇天させたあと、
アタッチメントを装着した電マで彼女の秘所を責めました。

「フン、もう逝ったのか。相変わらず早いな…」
私はアキノさんをバカにするような口調でそう言うと
再び電マをグイグイと彼女の肉蕾に押し当てました。

「ううっ!くふうっ!うぐうっ!くううっ!」
全身を縛られてまったく自由のきかない身体を捩りながら
アキノさんは襲い来る振動刺激に必死に耐えていました。

「ホラ、じゃあもっと強烈なヤツをくれてやろう…」
私は冷徹に笑いながら、アタッチメントをアキノさんの膣洞に
一気に押し込んでいきました。

「はおおおっ!おおおっ!」
アキノさんは膣筋を押し広げられる圧迫感と
シリコンのザラつくイボによる粘膜を掻き毟る感覚とで
叫び声を上げながらのたうつように暴れました。

「ホラ、気持ちいいんだろうが、ホラ、ホラ」
私は意地悪く笑いながらグリグリと彼女の体内を掻き回すように
電マを回転させて刺激を与えました。

「おおうっ!おおっ!あううっ!おううっ!」
アキノさんは言葉にならない絶叫を上げながら回転運動に合わせ
背中をビクンビクンと痙攣させて仰け反り続けました。

「ホラッ、もっと喜ぶんだよっ!」
私はそう言って電マの振動スイッチを最強に切り替えました。

「おううっ!おっ!おおーっ!おぐうっ!あごおっ!」
アキノさんは奇声を上げながら絶叫して身体を痙攣させ続け
括約筋をグイグイと締め上げながら一気に昇天して果てました。

「おやおや、ずいぶん気持ちよさそうだな。ホラ、じゃあもっとだ」
「おおっ!おごおっ!あごおっ!おおーっ!おぐうーっ!」
私が更にグリグリと電マを押し付け彼女の奥へ奥へと
振動刺激を与え続けると、彼女は最も弱いポルチオへの刺激で
何度も連続的に絶頂を迎えました。

「オラッ、気持ちいいのか、あん?」
「おうっ!おおうっ!おううっ!おぐうっ!」
アキノさんは私がグリグリと電マを押し付けながらの問いかけに
何度も強く頷きながら全身を痙攣させ続けました。

そして襲い来る快楽の波にのまれながら何度も絶頂を迎えては果て
エクスタシーを貪り続けたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3432-56f4a662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック