FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生夏服編(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルにチェックインすると先に私が服を脱ぎ
ホテルの部屋着に着替えてソファに座ました。
そしてアキノさんに持参した制服に着替えるように命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚になってから白のブラウス、
チェックのスカート、紺のニットのベスト、赤のリボン、
紺のハイソックスを身に着け、私の前の床に正座しました。

続けてアキノさんに首輪を嵌め、ベッドの上に座らせると
紅い綿紐で後ろ手に、胸を強調するように上半身を縛り、
彼女をうつ伏せにし、両脚を膝を折るようにして重ねて
外側に開くように脚を固定しました。

そして更にアイマスク開口枷を嵌めてディルドを挿入し
膣内を激しく掻き回して繰り返し昇天させたあと、
アタッチメントを装着した電マで彼女を何度も逝かせ、
乗馬鞭でお尻を叩きました。

「ひいっ!あがっ!あごおっ!あがああっ!ひいいいっ!」
アキノさんはお尻を乗馬鞭で叩かれるたびに張り裂けそうな声で
絶叫を上げ続けました。

私は容赦なくアキノさんの臀肉から内腿、太腿、秘唇へと
乗馬鞭を振るい続けました。
その都度、アキノさんは絶叫し身体を捩り脚をバタつかせ
必死に痛みに耐え続けていました。

「おおーっ!あうっ!おうっ!あおっ!あおうっ!」
アキノさんは苦痛に必死に耐えながら身悶えし
泣き叫びながら絶叫し続けました。

私は電マに手を掛けるとグイグイと彼女の秘所に押し付け
その動きに合わせるように乗馬鞭で叩き続けました。

「おおうっ!おおっ!おううっ!おおーっ」
アキノさんは電マの振動に合わせるように全身をガクガクと震わせ
再び絶頂へと昇り詰めて果てました。

「フン、マ○コ電マで責められてケツ叩かれて逝ったか?」
「おうう…おううう…あうう…」
アキノさんは私の冷たい言葉に力なく頷いて応えました。

私は容赦なく再び電マを掴んでグリグリと押し当て
彼女の外陰部と膣内とをアタッチメントで掻き毟るように
激しく刺激しました。

何度も絶頂を迎えたアキノさんの雌泉の奥からは
粘度の高い熱い液体がとめどなく溢れ出て
シリコンの振動に合わせるようにジュブジュブと音を立てながら
泡を吹くように白い液体を垂らしました。
そして、その大量の液体でシーツに染みを作っていました。

「ホラッ、じゃあケツも叩いてやるから逝けよ、この変態っ!」
私はそう言いながら更に激しく電マを回転運動させ続け、
同時に乗馬鞭でアキノさんの下半身を連打し続けました。

「おごおっ!ひぐっ(逝くっ)!はがひぐうっ(また逝くうっ)!」
アキノさんはビクビクと全身を痙攣させながら絶頂に昇り詰め
再びベッドに崩れ落ちました。

「ホラ、もっと逝ってみろ、この変態女」
「あがーっ!おごっ!ひぐっ(逝くっ)!はがひぐ(また逝くっ)!
おおーっ!おごーっ!ひぐうーっ(逝くうーっ)!」

アキノさんは苦痛と快楽との混濁した激しい責めの中で
何度も絶頂を迎えては果てたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
ご無沙汰しております(^^;
亮さん

大変ご無沙汰しております。粋永です。
SMにはせっせと精を出して勤しんでいるのですが、なかなかBlogまで手が回らず・・・。(^^;
亮さんのBlogもいつも読み逃げご免!になっておりました。(^^;

今回の一連のシリーズは写真がエグいです。
あ、もちろん褒め言葉のエグいですが。(^^ゞ

このアングルのこの緊縛。。。
タマリマセン。(^^ゞ

鞭痕の写真とかあったら是非リクエストしたいところです。

粋永
2015/10/19(月) 17:23 | URL | 粋永(すいえい) #GCA3nAmE[ 編集]
粋永(すいえい)さんへ
コメントありがとうございます。

読み逃げは私もよくやりますのでお気遣い無く。
お立ち寄りいただけるだけでアリガタイですから。

画像、お気に入りいただけましたか。
私もこのアングルは結構好きなんですよ。

この後はプレイに熱中してしまい、鞭打ちの撮影をし忘れました。
でも、アキノの場合、結構痣の色が薄いんですよね。
ケツの皮が厚い奴隷も楽しみが減って困ったモノです(笑)。

次回の調教ではもっと痣が残るように叩くつもりです。
↑このコメを奴隷が読んだらガクブルですね(笑)。
2015/10/20(火) 12:25 | URL | 亮 #lkBNREwg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3434-ccd0680c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック