FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『メス犬女子高生夏服編(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつものホテルにチェックインすると先に私が服を脱ぎ
ホテルの部屋着に着替えてソファに座ました。
そしてアキノさんに持参した制服に着替えるように命じました。

アキノさんはTバックショーツ1枚になってから白のブラウス、
チェックのスカート、紺のニットのベスト、赤のリボン、
紺のハイソックスを身に着け、私の前の床に正座しました。

続けてアキノさんに首輪を嵌め、ベッドの上に座らせると
紅い綿紐で後ろ手に、胸を強調するように上半身を縛り、
彼女をうつ伏せにし、両脚を膝を折るようにして重ねて
外側に開くように脚を固定しました。

そして更にアイマスク開口枷を嵌めてディルドを挿入し
膣内を激しく掻き回して繰り返し昇天させたあと、
アタッチメントを装着した電マで彼女を何度も逝かせ、
更に乗馬鞭でお尻を叩いて逝かせ続けました。

次に逝き果てたアキノさんを仰向けに寝かせて開口枷を外すと
彼女の顔の上に馬乗りになって口の中にペニスを押し込んで
彼女の口腔内をイラマチオで凌辱しました。

私は顔面騎乗でイラマチオした状態からペニスを抜きました。

そして彼女の両脚を持ち上げてM字開脚の姿勢を取らせると
一気に彼女の膣内に正常位の姿勢でペニスを挿入していきました。

「おおっ!あおっ!ああーっ!」
彼女は肉茎で膣を押し広げられる感覚に歓喜の声を上げました。

「オラッ!気持ちいいか、あん?」
私は腰を激しく律動させながら訊ねました。

「あっ、あっ、いいです、オマ○コ気持ちいいです。
 ありがとうございます。ご主人様、ありがとうございます」
アキノさんは私の腰の動きに合わせるように喘ぎながら答えました。

私はその反応を確認するように腰をグラインドさせ続け、
彼女の両足首を掴んで彼女を屈曲姿勢にしてから
更に奥のポルチオを突き立てるように肉塊を押し込みました。

「あっ、あっ、いいっ、気持ちいいっ!ありがとうございます!
奥が気持ちいいっ!オマ○コの奥が気持ちいいっ!」
アキノさんは最も逝きやすい部分をカリで抉られ続けると
甘い歓喜の声を上げながら小刻みに内腿から括約筋を
痙攣させるように収縮させました。

私はアキノさんの絶頂が近いとみて、彼女の最も逝きやすい
ポルチオを抉るように一番奥の部分で回転運動を与えました。

「あっ!おおっ!おおーっ!逝きますっ!逝っちゃいます!
ああっ!逝くっ!逝くうっ!おおーっ!」
アキノさんはそう叫ぶと一気に昇天して果てました。

私はその様子を見ながら再び腰を激しく前後律動させ
アキノさんの感じる膣内のGスポットとポルチオを
同時に責めたてました。

部屋には恥骨同士がぶつかり合うパンパンという乾いた音と
彼女が分泌する粘液の粘着質なクチャッ、クチャッという音が
複雑に絡み合うように響きました。

「あっ!あがっ!いいっ!オマ○コ気持ちいいっ!
あっ!あがっ!逝くっ!また逝くっ!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは再び絶叫すると全身をビクビクと硬直させて
絶頂に昇り詰めて果てました。

私はそのまま容赦なく彼女を責め続けると
彼女は何度も同じように昇り詰めては果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3444-61c10052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック