FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************


当日、私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテルに入り
いつものように私はアキノさんに手伝わせて服を脱ぎ
ホテルの部屋着に着替えました。

アキノさんは私に命じられれて一旦着てきた服を全部脱いでから
女子高生の夏向けの制服を身につけてからベッドに上がりました。

私はアキノさんの背後からアイマスクを嵌めて視覚を奪い、
ギャグボールを押し込んで言葉を奪いました。

そして、紅い綿紐を解くと、背中で手首を重ねて縛り、
そのまま胸の上下、続けて脇、胸に谷間に綿紐を這わせ
彼女の乳房が前に突出するように縛り上げました。

縛られた興奮と服や綿紐に擦れる刺激、上向きに縛られた形で
アキノさんの乳首が女子高生の制服の上からでも
突起しているのが判りました。

私はその乳首を摘まみ上げるとグイグイと引っ張ったり
捏ね回すようにつねりながら苦痛刺激を与えました。

「ううう…くうう…くふうう…」
アキノさんは縛られた興奮と与えられた苦痛による苦悶とで
苦しそうな呻き声を上げました。

「ホラ、嬉しいんだろうが、あん?」
私がそう言いながら両乳首に爪を立てるように摘まみながら
力一杯捻り上げると…
「ひいいっ!、ううっ!ふぁい(はい)…」
と悲鳴混じりの涙声を上げました。

「フフン、いい声で泣くじゃねぇか…」
私はそう言いながら更に彼女の乳首をグイグイと捻り上げ
更に強烈な痛みを与え続けました。

「うううっ、ううっ!おううっ、あううう…」
苦痛を与えられながらアキノさんは身体を小刻みに震わせ
痛みから逃れようと身を捩りました。

「逃げるんじゃねぇよっ!」
私はそう言うとアキノさんの髪を掴んで身体を引き起こし
あいている右手で彼女の頬に平手打ちを浴びせました。

「あぐうっ!おぉ…おうぅ…」
ピシャリという頬の皮膚の弾ける乾いた音と共に
アキノさんは脱力した諦めの呻き声を漏らしました。

私は髪を掴んで彼女が身体を動かして逃げることを封じると
再び乳首に爪を立ててグイグイと捻り上げました。

「いいか?今日は遠慮するなって言ったのはお前だからな」
私が痛みの刺激を与えながら冷徹に言うと…
「ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
と、アキノさんは今にも泣き出しそうな声で答えました。

「今日は徹底的に痛め付けてやるからな。嬉しいか?」
「ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)…」
「フフン、じゃあ、もっと喜ばせてやるよ、ホラッ」
「ひいいっ!いっ!いいっ!
あいあほうほあいあう(ありがとうございます)」

アキノさんは乳首から全身に痺れるような苦痛が広がると
歓喜と苦悶の入り交じった叫びを上げながら
私に感謝して更なる刺激を求めたのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3472-c293a362
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック