FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテル入りました。

ホテルに入ると私はアキノさんに手伝わせてホテルの部屋着に着替え
彼女には用意してきた夏用の女子高生の制服を
下着をつけずに着るよう命じました。。

二人で着替えると彼女をベッドに上がらせて正座させ、
私は背後からアイマスクギャグボールを彼女に装着しました。
そして、綿紐で彼女の胸を強調するように制服の上から縛りました。

アキノさんは視覚と言葉を奪われたスリルと、
緊縛されて綿紐や服が擦れる感覚とで乳首が勃起し、
その尖った様子が制服の上からも見て取ることができました。

私は興奮で硬くなって制服の上に浮き出た乳首を
爪を立てて摘まみ、捻り上げ、苦痛を与えました。

「よし、アキノ、次だ。胡座を組んで座ってみろ」
「ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
アキノさんは苦痛の呻き声と唾液を漏らしながら答えると
正座から脚を崩して胡座に座り直しました。

私は2本目の綿紐を解くと足首を重ねて縛り固定しました。

そして、先ずは右脚の太股が密着するように押さえ付けて綿紐を掛け
胡座の状態で状態脚が動かないよう固定しました。

更にそのまま綿紐を膝まで伸ばして屈折し膝に掛けて固定し、
その綿紐を肩口から背中の結び目の起点へと伸ばして固定しました。

左脚も同様に腿の付け根から膝へ綿紐を伸ばして固定し、
その綿紐を肩口から背中の起点へと伸ばして固定しました。

アキノさんはこの状態で両手と両脚をまったく動かせない状態に
固定されてしまったのです。

「フフン、いいザマだな…」
私が見下すようにそう言うと、アキノさんは私の声の出所を求めて
「ううう…うぐう…むうう…」
と呻き声を上げながらキョロキョロと私を求めました。

彼女の口からは興奮と苦悶との混じり合った浅く速い呼吸が漏れ、
口に押し込まれたプラスチックボールの穴からは
ダラダラと粘度の高い唾液が糸を引いて垂れていました。

「オラ…嬉しいか?、あん?」
私はそう言いながら再び彼女の浮き出た両乳首を摘まむと
グイッと力を込めてつねり上げました。

「あぐうっ!おおうっ!」
アキノさんは背中をビクッと震わせながら身体を捩りました。

「オラッ!嬉しいかって聞いてるんだよっ!」
私はそう言いながら更に強く乳首を捻り上げました。

「おううっ!おうっ!おうっ!」
アキノさんは厳しい痛みに耐えながら何度も頷きました。

「オラ…嬉しいんだろうが、もっと喜べよ…」
私は冷酷にそう言いながら乳首を更に強くつねり上げると
「うううっ、うぐうっ!ぐふうっ!」
と、アキノさんは苦悶の嗚咽を漏らしました。

私は身動きすることもできず涎を垂れ流しながら
必死に耐える彼女の姿を見て、一人悦に入ったのでした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3473-1a0312f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック