FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテル入りました。

ホテルに入ると私はアキノさんに手伝わせてホテルの部屋着に着替え
彼女には用意してきた夏用の女子高生の制服を
下着をつけずに着るよう命じました。。

二人で着替えると彼女をベッドに上がらせて正座させ、
私は背後からアイマスクギャグボールを彼女に装着しました。
そして、綿紐で彼女の胸を強調するように制服の上から縛りました。

更に2本目の綿紐を使って足首を重ねて縛ると
胡座の状態で固定するように縛り上げ、
膝から伸ばした綿紐を背中の起点に結び付けて
両脚が閉じないよう自由を奪いました。

アキノさんは視覚と言葉を奪われたスリルと、
緊縛されて綿紐や服が擦れる感覚とで乳首が勃起し、
その尖った様子が制服の上からも見て取ることができました。

私は興奮で硬くなって制服の上に浮き出た乳首を
爪を立てて摘まみ、捻り上げ、苦痛を与えました。

私は続けてアキノさんの制服のニットベストをたくし上げ
胸の上を這う綿紐まで上げてブラウス越しに乳首を摘まみました。

「はううっ…おうう…おおお~…」
アキノさんは薄いブラウス越の乳首への苦痛刺激を受けて
苦悶の呻き声を上げました。
そして全身を震わせ口からがダラダラと涎を垂らしながら
必死に耐えている様子でした。

「フン、痛くて嬉しいか?」
私はそう訊ねながら更に強く両乳首を捻り上げました。

「むぐぐぐっ!むぐうっ!ぐふうっ!」
アキノさんは更に襲ってきた強烈な苦痛刺激に
全身を硬直させながら苦悶の声を上げて必死に耐えていました。

「オラッ、嬉しいかって聞いてるんだよっ」
私は容赦なく乳首をグイグイと捻るように刺激しながら
冷酷に質問を浴びせました。

「うぐうっ!ううっ!うぐうっ!」
アキノさんは私の問い掛けに応えるように何度も頷きました。

「フフン、痛くされて嬉しいのかよ、この変態マゾ女…」
「うううっ!ううっ!うぐうっ!」
アキノさんは痛みを与えられ蔑みの言葉を投げ掛けられて
興奮しながら何度も頷きました。

「フフン、じゃあ、変態マゾ女にはもっとご褒美だ…」
私はそう言いながら彼女のブラウスのボタンを外していき
ブラウスの前を開いて両乳房を露出させました。

その上で直に興奮で勃起した乳首を捻り上げました。

「はううっ!あおうっ!おううっ!」
アキノさんは苦悶とも歓喜とも判別できない叫び声を上げて
身体を硬直させて仰け反りました。

「ホラッ、気持ちいいか、変態マゾ女、あん?」
私がグイグイと乳首に爪を立てながら捻り上げると…
「おおっ!ひもひいいれふ(気持ちいいです)…」
と彼女が絶叫するように答えました。

「フフン、変態マゾ女は痛いのが気持ちいいのか?」
「ううっ!ふぁい、ひもひいいれふ(はい、気持ちいいです)…。
いはいのはうえひいれふ(痛いのが嬉しいです)…うううっ!」
アキノさんは苦痛を受けてハッキリと歓喜の意思表示をしました。
そして苦痛に耐えながら、その苦痛を快楽に昇華し始めていました。

それは胡座で固定され閉じることの出来なくなった彼女の股間から
雌特有の甘い蜜の香りが漂ってきたことで判りました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3475-20c3b2f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック