FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテル入りました。

ホテルに入ると私はアキノさんに手伝わせてホテルの部屋着に着替え
彼女には用意してきた夏用の女子高生の制服を
下着をつけずに着るよう命じました。。

二人で着替えると彼女をベッドに上がらせて正座させ、
私は背後からアイマスクギャグボールを彼女に装着しました。
そして、綿紐で彼女の胸を強調するように制服の上から縛りました。

更に2本目の綿紐を使って足首を重ねて縛ると
胡座の状態で固定するように縛り上げ、
膝から伸ばした綿紐を背中の起点に結び付けて
両脚が閉じないよう自由を奪いました。

アキノさんは視覚と言葉を奪われたスリルと、
緊縛されて綿紐や服が擦れる感覚とで乳首が勃起していたので
私は制服の上から浮き出た乳首を爪を立てて摘まみ、捻り上げ、
苦痛を与えました。

そして、彼女の興奮を確認すると、更に制服のベストをたくし上げ
ブラウスのボタンを外して乳房を晒け出して乳首を責め上げました。

更に乳首に洗濯バサミを噛ませ、その上で引っ張り、捻り上げ、
続けて乳房を乗馬鞭で叩き、乳首に噛み付く洗濯バサミ
叩き落として、引きちぎれるような苦痛を何度も与えました。

私は次にアキノさんの髪を鷲掴みにするとうつ伏せにしました。

彼女が顔をベッドのシーツに埋めると、胡座で固定された脚が
自然とお尻を持ち上げる体制となり、閉じられない股間が
パックリと口を開いて曝け出されました。

彼女の秘泉からは苦痛を与えられた歓喜の粘液が溢れ出て
雌蜜特有の据えた匂いを放っていました。

「フン、ずいぶんマ○コ濡らしてるな。痛くされて興奮したか?」
私が維持悪く蔑むように訊ねましたが、アキノさんはハァハァと
激しく呼吸しながら呆然としていました。

「オラッ、ちゃんと訊かれたことには答えろっ!」
私はそう言いながらアキノさんの突き出された臀部に
乗馬鞭を振り下ろしました。

ピシャッという乾いた皮膚の音と共に、アキノさんの
「あぐうっ!」という絶叫が響き渡り、
アキノさんは苦痛と恐怖でブルブルと震え始めました。

「ホラッ!何とか言ってみろっ!この変態マゾ女っ!」
私は容赦なく再び乗馬鞭を彼女の臀部に振り下ろしました。

今度はバシイッという激しい音と共に白い彼女の肌に
真っ赤な痕が走りました。

「ひいっ!あうう…うえひいれふっ(嬉しいですっ)!」
アキノさんは悲鳴を上げながらそう答えました。

「そうか、嬉しいか。じゃあもっと喜べよ、ホラッ!」
私は容赦なくビシビシとアキノさんの臀部に乗馬鞭を飛ばしました。
彼女の臀部は見る見るうちに紅潮してミミズ腫れのような痕が
幾筋も浮かび上がってきました。

「ひいっ!あがっ!あががあっ!あぐうっ!あがああっ!
うえひいっ(嬉しいっ)!うえひいれふっ(嬉しいですっ)!」
アキノさんは必死に痛みに耐えながら乗馬鞭の攻撃から逃れようと
縛られた不自由な身体を左右に振りました。

彼女は苦痛を与えられるほどに興奮と快楽に昇華していく様子で
更に秘蜜を溢れ出させネットリとした粘液を秘唇から
涎のように糸を引いて滴らせました。

「フフン、マ○コ汁が糸引いて垂れてきたぞ。
痛い方が興奮してマ○コ汁が出てくるじゃねぇかよ。
もっと叩いてやるからマ○コ汁垂らして喜べよ」
私はそう言いながら更に力を強めて乗馬鞭を振るい、
アキノさんの臀肉を何度も繰り返し叩き続けました。

「あがっ!うえひいっ(嬉しいっ)!あがっ!うえひいっ(嬉しいっ)!
あいあほうほあいあう(ありがとうございます)!あがああっ!」
アキノさんは狂ったように絶叫しながらを受け続け
その痛みで自らの興奮を高めていく様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3535-6e36abf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック