FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテル入りました。

ホテルに入ると私はアキノさんに手伝わせてホテルの部屋着に着替え
彼女には用意してきた夏用の女子高生の制服を
下着をつけずに着るよう命じました。。

二人で着替えると彼女をベッドに上がらせて正座させ、
私は背後からアイマスクギャグボールを彼女に装着しました。

そして、綿紐で彼女の胸を強調するように制服の上から縛り、
2本目の綿紐で胡座の状態に縛り、膝から綿紐を背中の起点に結び、
両脚が閉じないよう自由を奪いました。

アキノさんは視覚と言葉を奪われたスリルと、
緊縛されて綿紐や服が擦れる感覚とで乳首が勃起していたので
私は制服の上から浮き出た乳首を爪を立てて摘まみ、捻りました。
そして、更に制服のベストをたくし上げ、ブラウスのボタンを
外して乳房を晒け出して乳首を責め上げました。

次に乳首に洗濯バサミを噛ませ、その上で引っ張り、捻り上げ、
続けて乳房を乗馬鞭で叩き、乳首に噛み付く洗濯バサミ
叩き落として、引きちぎれるような苦痛を何度も与えました。

そして、続けてアキノさんをうつ伏せにして寝かせると
突き出したお尻を何度も乗馬鞭で叩きました。

私は次にディルドを取り出すと彼女の秘泉から溢れ出た
粘液を絡めるように秘唇をなぞりました。

「ふう…ううう…くふう…」
アキノさんはこれからも押し込まれるシリコンの圧迫刺激に
期待するように腰をくねらせお尻を振りました。

「ホラ、欲しいか?」
私はそう言いながら乗馬鞭で彼女のお尻をペシペシ叩きながら
ディルドを陰裂に這わせて答えを促しました。

「ううう…ほひいれふ(欲しいです)…ううう…」
アキノさんは素直に快楽を求めて擬似棒を欲しました。
「そうか、じゃあ入れてやろう…」
私はそう言いながらディルドを彼女の蜜壺の中に
ゆっくりと押し込んでいきました。

「あううっ!いいっ、ひおひいいれふ(気持ちいいです)」
アキノさんの秘孔は充分すぎるほどに潤っていて
するするとシリコンを滑らせて抵抗なく飲み込みました。
そして、擬似棒の圧迫感と粘膜に擦れる感覚とで
痺れるような快楽をアキノさんは感じていました。

「フフン、こんなにマ○コ汁垂らしてるからすんなり入ったぞ。
スケベな音で自分でマ○コ汁を出してるのが判るだろう」
私はそう言いながらディルドを注挿運動させました。
するとシリコンに絡まる粘液が白く泡立ちネチャッ、ヌチョッと
陰猥な音を立てました。

「あうう…ふぁい、はがいはふ(はい、わかります)…。
おあんお、うれえいまふ(オマ○コ、濡れています)…ううう…」
アキノさんは歓喜の声を上げながらお尻をビクビクと震わせ
与えられる粘膜刺激の快楽に浸っていました。

「ホラッ、もっと喜ばせてやるよ…」
私はそう言いながらディルドを前後に注挿運動させつつ、
彼女の臀肉を乗馬鞭で叩きました。

「ぎゃあっ!ひいっ!おおっ!あおうっ!」
彼女は快楽から一転して冷や水を浴びせられたような苦痛で
悲鳴を上げて身悶えしました。

「ホラッ、何とか言ってみろよ」
私は構わず冷酷に言うとディルドを運動させながら
乗馬鞭を振るう手に力を込めて叩き続けました。

「あぐうっ!うえひいれふっ(嬉しいですっ)!、あううっ!
あいあほうほあいあうっ(ありがとうございますっ)!
おあんお、ひもひいいれふっ(オマ○コ、気持ちいいですっ)」
アキノさんは絶叫するようにそう答えて全身を硬直させました。

「ホラッ、気持ちいいか、変態マゾ女!もっと気持ちよくなれ。
ホラッ、ホラッ!」
私はそう言いながら彼女の興奮の高まりに合わせるように
ディルドを激しくしていきました。

「ああっ!いいっ!いぎはぐ(逝きます)、いぐっ(逝くっ)!」
アキノさんはそう絶叫すると縛られた身体をビクビクと痙攣させて
一気に絶頂に昇り詰めて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3536-716368e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック