FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテル入りました。

ホテルに入ると私はアキノさんに手伝わせてホテルの部屋着に着替え
彼女には用意してきた夏用の女子高生の制服を
下着をつけずに着るよう命じました。。

二人で着替えると彼女をベッドに上がらせて正座させ、
私は背後からアイマスクギャグボールを彼女に装着しました。

そして、綿紐で彼女の胸を強調するように制服の上から縛り、
2本目の綿紐で胡座の状態に縛り、膝から綿紐を背中の起点に結び、
両脚が閉じないよう自由を奪いました。

アキノさんは視覚と言葉を奪われたスリルと、
緊縛されて綿紐や服が擦れる感覚とで乳首が勃起していたので
私は制服の上から浮き出た乳首を爪を立てて摘まみ、捻りました。
そして、更に制服のベストをたくし上げ、ブラウスのボタンを
外して乳房を晒け出して乳首を責め上げました。

次に乳首に洗濯バサミを噛ませ、その上で引っ張り、捻り上げ、
続けて乳房を乗馬鞭で叩き、乳首に噛み付く洗濯バサミ
叩き落として、引きちぎれるような苦痛を何度も与えました。

続けてアキノさんをうつ伏せにして突き出したお尻を乗馬鞭で叩き、
ディルドバイブ電マアタッチメントを順番に挿入して
更に鞭打ちで爛れた臀肉に蝋燭を垂らして絶頂へ追い込みました。

最後に彼女を仰向けにすると、洗濯バサミの噛み付きで傷んだ乳首に
蝋燭を垂らして更に強い苦痛を与えました。

両乳首への強烈な熱の刺激を与えられて、アキノさんは
発狂したように泣き叫びながら、縛られた不自由な四肢を
力の限りに抗い続けました。

私は更に彼女を発狂させようと無防備に曝け出された
秘部の肉蕾を包皮から剥き出しました。
そして、その最も敏感な弱点に向けてを垂らしました。

「ぎゃああーーーっ!あがっ!あがあっ!あがががあーっ!」
アキノさんはこれまでに無かったような絶叫を上げながら
狂ったようにバタバタと脚を動かし顔を激しく左右に振りました。

私はそれでも容赦なく狙い済ましたように彼女の肉芽へ
ポタポタと融けたを垂らし続けました。

「あぐうっ!ぎゃあっ!はがががっ!ぎゃあっ!」
アキノさんは断末魔の叫び声を上げながら全力で暴れまわり
必死で粘膜への灼熱地獄から逃れようとしました。

その度に狙いを外れたが彼女の秘唇や秘粘膜に滴り
新しい場所への熱刺激を与えました。

「あがあーっ!おぐっ!あぐうっ!ぎゃあっ!あがあっ!」
アキノさんは更に絶叫する声を上げて全身を捩りながら
何度も逃れようと暴れまわりました。

そして、が彼女の肉豆をクリティカルヒットした瞬間に
「あがががーっ、ひぐっ!ひぐうっ!(逝くっ!逝くうっ!)」
と絶叫して身体をビクビクと痙攣させました。
アキノさんは続けて数秒間呼吸を止めると背中を仰け反らせて
全身を硬直させ、その後ベッド投げ出されたように崩れ落ち、
ハァハァと激しく呼吸しながら身動きしなくなりました。

アキノさんは最も敏感な部分への熱による苦痛刺激だけで
それを快楽に昇華してオルガスムスに変えることが出来ました。

私は過呼吸気味になりながら呆然とするアキノさんから
アイマスクギャグボールを外しました。

アキノさんはゲホゲホと咳き込みながらも呼吸を整えながら
自分を取り戻そうとしている様子でした。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3544-bbfeb4c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック