FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『2回目の女子高生夏服(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの場所で待ち合わせていつものホテル入りました。

ホテルに入ると私はアキノさんに手伝わせてホテルの部屋着に着替え
彼女には用意してきた夏用の女子高生の制服を
下着をつけずに着るよう命じました。。

二人で着替えると彼女をベッドに上がらせて正座させ、
綿紐で彼女の胸を強調するように制服の上から縛りました。
2本目の綿紐で胡座の状態に縛り、膝から綿紐を背中の起点に結び、
両脚が閉じないよう自由を奪いました。

アキノさんは綿紐や服が擦れる感覚とで乳首が勃起していたので
私は制服の上から浮き出た乳首を爪を立てて摘まみ、捻りました。
そして、更に制服のベストをたくし上げ、ブラウスのボタンを
外して乳房を晒け出して乳首を責め上げました。

次に乳首に洗濯バサミを噛ませ、その上で引っ張り、捻り上げ、
続けて乳房を乗馬鞭で叩き、乳首に噛み付く洗濯バサミ
叩き落として、引きちぎれるような苦痛を何度も与えました。

続けてアキノさんをうつ伏せにして突き出したお尻を乗馬鞭で叩き、
ディルドバイブ電マアタッチメントを順番に挿入して
更に鞭打ちで爛れた臀肉に蝋燭を垂らして絶頂へ追い込みました。

最後に彼女を仰向けにすると、洗濯バサミの噛み付きで傷んだ乳首に、
続けて秘処に蝋燭を垂らして苦痛でのエクスタシーを与えました。

アキノさんは秘部粘膜への蝋燭による苦痛刺激で逝き果てると
ハァハァと過呼吸気味になったのでアイマスクギャグボール
外して呼吸を整えさせました。

私は力尽きて無抵抗になっているアキノさんの両足を掴み
屈曲させる姿勢を取らせました。
その上でコンドームを被せたぺニスを彼女の中に
ゆっくりと押し込んでいきました。

「あううっ!あうう…おうう…」
肉粘膜を肉棒で押し広げられ擦られる感覚を覚えると
アキノさんは低い声で呻きました。

私は彼女の最も感じる部分を責めるように肉棹を奥に押し込み
ポルチオをコリコリと抉るように律動させました。

「はあっ!ああっ!ああーっ!」
アキノさんは言葉にならない悲鳴を上げると身体をビクビクと
痙攣させるように震わせて軽いアクメに達しました。

私はその様子を見て、
「ホラッ!勝手に逝くんじゃねぇよっ!」
と叱りつけて頬を平手打ちしました。

「あうう…申し訳ございません、ご主人様…。
逝きました…逝かせていただきました…申し訳ございません…」
アキノさんは脱力したまま呆然としてそう答えました。
頬を叩かれた彼女はその痛みですらどこか嬉しいような
そんな夢見心地のような様子でした。

「ホラッ!気持ちいいなら何とか言ってみろっ!」
私がそう言って再び彼女を平手打ちすると…
「あううっ…ありがとうございます…嬉しいです…。
オマ○コ、気持ちいいです…叩かれて気持ちいいです…。
ご主人様、もっと奴隷を虐めて下さい…お願いします…」
と、快楽の波間を漂いながら呆然とした様子で答えました。

「フン、じゃあもっと喜んでみろよ」
私はそう言いながら腰の律動を速めていきました。
そして、彼女の最も感じるポルチオとGスポットを抉りました。

「はがあっ!いいっ!オマ○コ気持ちいいっ!あおおおっ!
また逝くっ!また逝きそうですっ!おおおっ!」
アキノさんはそう絶叫しながら何度もアクメに昇り詰めました。

私は彼女のその様子を見つめながら自らのサディスティックな
興奮が高まるのを感じました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3545-668be6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック