FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『魔女調教(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私たちはいつもの場所で待ち合わせをするとホテルに入りました。

ホテルに入り私が服を脱いで部屋着に着替えて準備を始めると
アキノさんも服を脱いで、ハロウィンを意識して持参した
魔女コスチュームに着替えました。

アキノさんが着替え終わると私は革手枷で彼女の両手首を背後で繋ぎ、
首輪にリードをつけて引っ張ってベッドにうつ伏せに寝かせました。

次に綿紐を2本用意し、一本で右足首を縛ってベッドの柱にくくりつけ
もう一本で左足を膝から折り重ねるように縛って、
その脚を開脚するように引っ張ってベッドの反対側の柱に
くくりつけました。

その上でアイマスクビットギャグを装着して資格と言葉を奪い
彼女の不安感を煽るような態勢にしました。


「フフフ、いいザマだな。マ○コが丸出しになってるぞ」
私はアキノさんの羞恥心を煽るようにいいながらスカートを捲り
下半身を完全に露出させました。

「ううう…。くふうう…」
アキノさんはうつ伏せで呼吸しづらいことと羞恥心とで
恥ずかしそうで苦しそうな呻き声をあげました。

「フン、縛られてもうマ○コを濡らしてるんだろうが…」
私は意地悪く言って、彼女の閉じることの出来なくなった股間に
指を差し込んでいきました。
そしてビラビラした肉襞を左右にパックリと広げると、
熱を帯びた粘度の高い液体が糸を引いて垂れました。

「フン、やっぱり淫乱なメス犬だな。もうマ○コ汁垂れてるぞ」
「ううう…。くうう~…。むふう~…」
アキノさんは自らの興奮を理解させられたかのように
羞恥心で耳を紅潮させながら呻き声をあげました。

「どれ、じゃあもっといい反応を見せてもらおうか…」
私はそう言うと容赦なく彼女の蜜壺へ指を2本押し込みました。

「おぐっ!ぐふうっ!」
アキノさんは突然襲ってきた粘膜を押し広げる圧迫刺激に
身体を仰け反らせながら喘ぎ声を上げました。

「ホラッ、気持ちいいだろうがっ!」
私は容赦なく彼女の中で指をグリグリと回転させました。

「はがっ!おおっ!おぐっ!おおっ!」
アキノさんは私の指の律動に合わせるように声を上げながら
臀肉を震わせて歓喜の声を上げ続けました。

私の指が動くたびに既に大量に溢れ出た粘液が指に絡み付き
ネチョッ、グチョッという卑猥な音が響きました。

「ホラ、もっと喜んでみろ」
私はそう言いながら2本指を前後に激しく律動させつつ
親指でグリグリと淫核を刺激しました。

「おうっ!おううっ!おおおーっ!」
アキノさんは指の刺激による快楽で身悶えしながら
激しく快楽の咆哮を上げ続けました。
そして、更なる快感を求めるように貪欲に腰を振りながら
私の指に自らの敏感な粘膜を擦り付けてきたのです。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3580-4447fbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック