FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『魔女調教(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつもの場所で待ち合わせをするとホテルに入りました。

ホテルに入り私が服を脱いで部屋着に着替えて準備を始めると
アキノさんも服を脱いで、ハロウィンを意識して持参した
魔女コスチュームに着替えました。

アキノさんが着替え終わると私は革手枷で彼女の両手首を背後で繋ぎ、
首輪にリードをつけて引っ張ってベッドにうつ伏せに寝かせました。

次に綿紐を2本用意し、一本で右足首を縛ってベッドの柱にくくりつけ
もう一本で左足を膝から折り重ねるように縛って、
その脚を開脚するように引っ張ってベッドの反対側の柱に
くくりつけました。

その上でアイマスクビットギャグを装着して資格と言葉を奪い
彼女の不安感を煽るような態勢にしました。

そして、指を2本、彼女のヴァギナの中に押し込んで掻き回し
同時に親指でクリトリスを刺激しました。

彼女の興奮を確認すると、次に私は乗馬鞭を取り出して
彼女の臀部を叩き始めました。

「はぐうっ!うぐうっ!あぐうっ!おごおっ!」
彼女の臀部に乗馬鞭が当たるたびにビシッ、ビシッと
皮膚の弾ける乾いた音が響き、その音に合わせるように
アキノさんは苦悶の呻き声を上げながら身体を仰け反らせました。

「ホラ、どうだ、あん?」
私は冷徹な微笑みを浮かべながら乗馬鞭を小刻みに振り
彼女のお尻をピシャピシャと軽く叩きながら訊ねました。

「ううう~…。うえひいえふ(嬉しいです)…」
彼女は今にも泣き出しそうな声でそう答えました。

「そうか、嬉しいか。ケツを叩かれて嬉しいのか、この変態」
「ううう…。ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)…」
「フフン、変態はもっとケツを叩いて欲しいか、あん?」
「ふぁい、ははいへほひいへふ(はい、叩いて欲しいです)…」
私が小刻みに乗馬鞭でアキノさんのお尻を叩き続けて訊ねると
彼女は痛みに必死に耐えながら更なる刺激を求めてきました。

「そうか、そんなに叩いて欲しいなら叩いてやるよ…」
私は言うが早いか、再び彼女の臀部に乗馬鞭を振り下ろしました。

「ひいいっ!」
今までにないバシイッという激しい音が鳴り響くと同時に
強烈な痛みを覚えたアキノさんは悲鳴を上げました。

彼女の白いお尻にクッキリと乗馬鞭の形をした痕が浮かび
ジワジワと熱と痺れを感じている様子で、彼女はモジモジと
お尻を振って悶えました。

「フフン、嬉しそうじゃねえか、あん?」
「ううう…。くうう…」
私の問いかけにアキノさんは歯を食い縛って痛みに耐えていました。

「ホラッ、どうなんだよっ!」
私はそう言いながら更に強い力で乗馬鞭を振り下ろしました。

「ひいいっ!う、うえひいえふ(嬉しいです)!」
アキノさんは強烈な一撃を受けて泣き叫ぶように答えました。

「あん?嬉しかったら言うことがあるだろうがっ!」
私は繰り返しアキノさんの臀部に乗馬鞭を振り下ろしました。

「ひいっ!うえひいえふ(嬉しいです)。
あいあほうほはいはふ(ありがとうございます)。
ほっほははひへふははい(もっと叩いてください)
ほっほひひへへふはははひ(もっと虐めて下さい)」
アキノさんは泣き叫びながら必死にそう答えました。

私はその様子を冷静に見つめながら、
彼女に更なる苦痛を与えようと考えていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3582-d6986e54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック