FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『魔女調教(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつもの場所で待ち合わせをするとホテルに入りました。

ホテルに入り私が服を脱いで部屋着に着替えて準備を始めると
アキノさんも服を脱いで、ハロウィンを意識して持参した
魔女コスチュームに着替えました。

アキノさんが着替え終わると私は革手枷で彼女の両手首を背後で繋ぎ、
首輪にリードをつけて引っ張ってベッドにうつ伏せに寝かせました。

次に綿紐を2本用意し、一本で右足首を縛ってベッドの柱にくくりつけ
もう一本で左足を膝から折り重ねるように縛って、
その脚を開脚するように引っ張ってベッドの反対側の柱に
くくりつけました。

その上でアイマスクビットギャグを装着して視覚と言葉を奪い
彼女の不安感を煽るような態勢にしました。

そして、指を2本、彼女のヴァギナの中に押し込んで掻き回し
同時に親指でクリトリスを刺激しました。

彼女の興奮を確認すると、次に私は乗馬鞭を取り出して
彼女の臀部、続けて秘部を叩きました。

乗馬鞭で直接急所の粘膜を打たれた苦痛刺激で
アキノさんは大量の愛液を溢れ出させました。

「フフン、叩かれてこんなにマ○コ汁垂らしやがって、
この変態マゾ女が…」
私はそう言いながら鞭打ちで紫色に変色した彼女の臀部を
グリグリと踏みつけました。

「あううっ!ほうひはへほはいはへん(申し訳ございません)
へんはいひへほうひはへほはいはへん(変態で申し訳ございません)」
アキノさんは涙交じりの声でそう詫びながら、
打たれた痣を踏みつけられる痛みに必死に耐えていました。

「これだけマ○コ汁を垂らしてるなら準備万端だろう」
私はそう言うと次にバイブを取り出して、彼女の愛涎の溢れ出た
花芯の奥穴へ突き立てていきました。

「おお~…。おうう~…。あうう~…」
アキノさんは電流が背筋を抜けていくように背中を仰け反らせて
歓喜の声を上げました。

「ホラ、気持ちいいだろうが、あん?」
私はそう訊ねながらバイブをグリグリと回転させました。

「おうっ!おううっ!おおうっ!」
アキノさんは自らの快楽のポイントをシリコンで抉られるたびに
身体をビクッ、ビクッと硬直させるように震わせながら
歓喜の喘ぎ声を上げ続けました。

「フフン、じゃあ、もっと気持ちよくしてやろうか…」
私はそう言うとバイブの回転スイッチをONにすると、
彼女の感じるGスポットを刺激するように押し当てました。

「おおっ!おおーっ!いいっ、いいーっ!」
アキノさんは身体の内面の刺激を感じて快楽の反応を示し
歓喜の叫び声を上げました。

「ホラ、いいか。気持ちいいだろうが…」
「あううっ!ふぁい、ひほひいいへふ(はい、気持ちいいです)
おおーっ!いいっ!ほはんほ、ひほひいい(オマ○コ気持ちいい)
あおおっ!ひひほうへふ(逝きそうです)。
おおうっ!ひはへへふははい(逝かせてください)おおっ!おおおっ!」
アキノさんは叫び声を上げながら身体をガクガクと震わせて
一気に絶頂へと上り詰めていきました。

「フン、もう逝くのか、この淫乱変態マゾ女が!
ホラ、じゃあ逝くならさっさと逝け…」
私はそう言いながらシリコンを前後に激しく律動させました。

「はぐうっ!ひぐっ、ひぐうっ(逝くっ、逝くうっ)!」
アキノさんは断末魔の叫び声を上げると背中を仰け反らせて
口からは泡を吹きながら一瞬息を止めました。
そして、力尽きたようにベッドに崩れ落ちると
ハァハァと激しく呼吸しながら動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3584-7a0571d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック