FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『魔女調教(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつもの場所で待ち合わせをするとホテルに入りました。

ホテルに入り私が服を脱いで部屋着に着替えて準備を始めると
アキノさんも服を脱いで、ハロウィンを意識して持参した
魔女コスチュームに着替えました。

アキノさんが着替え終わると私は革手枷で彼女の両手首を背後で繋ぎ、
首輪にリードをつけて引っ張ってベッドにうつ伏せに寝かせました。

次に2本の綿紐の一本で右足首を縛ってベッドの柱にくくりつけ
もう一本で左足を膝から折り重ねるように縛って、
その脚を開脚するように引っ張ってベッドの反対側の柱に
くくりつけました。

そして、最初にアイマスクビットギャグを装着すると
指を2本、彼女のヴァギナの中に押し込んで掻き回し親指で
クリトリスを刺激しました。

彼女の興奮を確認すると、次に私は乗馬鞭を取り出して
彼女の臀部、続けて秘部を叩きました。

アキノさんは叩かれて興奮し大量に愛液を溢れ出していたので
私はその愛液の溢れるヴァギナにバイブを押し込んで
何度も激しく掻き回し繰り返しエクスタシーを与えました。


「そろそろいいだろう…」
私はそう思うとアキノさんのヴァギナからバイブを抜きました。

「おうう…」
彼女は強烈な快楽を与え続けてくれた凶悪なシリコンが抜かれると
名残惜しそうな悲しい声を漏らしました。

「フフフ…。マ○コが寂しいか…」
「ううう…。くふう~…。くうう~…」
アキノさんは物欲しそうにヨダレと汗でベトつく顔を後ろに向け
快楽を抜き取られた穴を塞いで欲しいというように頷きました。

「フフン、淫乱なメス犬はマ○コ塞いで欲しいってか?」
「うううっ、ううんっ」
アキノさんは私の言葉を理解したように再び強く頷きました。

「そうか。じゃあチ○ポ入れてやるから喜べよっ」
私はそう言うとアキノさんの背後から上に乗り
綿紐で左右に開かれた脚の付け根にあるパックリ開いた
彼女の欲望の口にぺニスを押し込んでいきました。

「おおお~…。おううう~…」
アキノさんは自分の中に入ってくる男の肉の圧迫感に
甘い歓喜の喘ぎ声を上げました。

私はその反応を確認するように腰の位置を変えながら
Gスポットやポルチオに肉槍の突起が当たるように動かしました。

「おっ、おおっ!いいっ!ひもひいい(気持ちいい)!
おひんひん、ひもひいいえふ(オチ○チン、気持ちいいです)。
おあんお、ひもひいいえふ(オマ○コ、気持ちいいです)」
アキノさんは肉槍で身体の奥底を突き上げられながら
歓喜の喘ぎ声を繰り返し上げました。

「オラッ、マ○コのここがいいんだろうが、あん?」
私はグリグリと肉棹の突端で彼女の子宮口のコリッとした部分を
掻きむしるように抉りました。

「おおっ!ほこいいえふ!(そこいいです!)ひもひいい(気持ちいい)
あおおっ!いきほうえふ(逝きそうです)、おおーっ!
ふごいっ!(すごいっ!)はがひぎほうえふ!(また逝きそうです!)」
アキノさんは最も絶頂に近付くスイッチを集中的に責められて
再び快楽の頂点に上り詰めていく様子でした。

「オラッ、逝くならサッサと逝け、この淫乱マゾ女っ!」
「おおっ!ふぁい、ひぎはぐ!(はい、逝きますっ!)
ごふひんははのおひんひんえひぎはぐ(ご主人様のオチ○チンで逝きます)
おおーっ!ひぐっ!ひぐうっ!(逝くっ!逝くうっ!)」
アキノさんはそう言って絶叫すると再び全身を硬直させて
膣筋肉をギュウギュウと引きつらせながら絶頂を迎えて果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3586-05abb97a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック