FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『魔女調教(その1)』まで。

**************************************************

私たちはいつもの場所で待ち合わせをするとホテルに入りました。

ホテルに入り私が服を脱いで部屋着に着替えて準備を始めると
アキノさんも服を脱いで、ハロウィンを意識して持参した
魔女コスチュームに着替えました。

アキノさんが着替え終わると私は革手枷で彼女の両手首を背後で繋ぎ、
首輪にリードをつけて引っ張ってベッドにうつ伏せに寝かせました。

次に2本の綿紐の一本で右足首を縛ってベッドの柱にくくりつけ
もう一本で左足を膝から折り重ねるように縛って、
その脚を開脚するように引っ張ってベッドの反対側の柱に
くくりつけました。

そして、最初にアイマスクビットギャグを装着すると
指を2本、彼女のヴァギナの中に押し込んで掻き回し親指で
クリトリスを刺激しました。

彼女の興奮を確認すると、次に私は乗馬鞭を取り出して
彼女の臀部、秘部を叩いて苦痛刺激で興奮を与えた後に、
バイブを押し込み激しく掻き回して何度もエクスタシーを与えました。

そして、彼女の受け入れ体制が整ったところで背後から乗り
背面かたぺニスを挿入してポルチオとGスポットを抉り突き上げ
オルガスムスを与えました。

私は後背位で逝き果ててベッドに崩れ落ちたアキノさんを
仰向けに寝かせました。
その上でビットギャグを外し、彼女の顔の上に跨がって
口の中の彼女の粘液ベトベトになった肉塊を押し込みました。

「むぐうっ…うぐうっ…ぐふうっ…」
突然口を塞がれるように肉棹を押し込まれたアキノさんは
苦しそうに呻き声を上げました。

「オラッ!お前の汚いマ○コ汁なんだからキレイにしろ!」
私がそう言いながらアキノさんの頭を小突くと…
「ふぁい、ほうひはへほはいはへん(はい、申し訳ございません)」
と苦し気に答えて、首を起こして顔を前後に律動させながら
肉茎に舌を絡めて付着した愛液を舐めとっていきました。

私は掃除を続けるアキノさんの髪を鷲掴みにすると
喉の奥を肉槍で突き刺すように腰を前後に動かしました。

「おぐっ…ぐえっ…げふっ…ぐふっ…」
アキノさんは激しく喉奥を突かれて強烈な吐き気と戦いながら
苦悶の呻き声をあげました。
口からは泡状になった唾液が大量に溢れ、顔にベットリと絡み
せっかくの魔女コスチュームにもヨダレの染みを作っていました。

私はしばしアキノさんの口の感触を味わうと
今度は両脚を高く持ち上げて屈曲姿勢を取らせて
正常位の態勢で再び彼女の中に押し入って行きました。

「ああっ!いいっ!オマ○コ、気持ちいいですっ!
ああっ!ご主人様のオチ○チン、気持ちいいです!
奴隷のオマ○コは嬉しいですっ!」
アキノさんは再び襲ってきた激しい凌辱感に歓喜の声を上げ
私の叩きつけるような腰の律動に合わせて腰を振り、
更に強い快楽を貪ろうとしていました。

「ホラッ、気持ちいいか、あん?」
「はい、気持ちいいです。奴隷のオマ○コは幸せです。
もっとご主人様のオチ○チンを下さい。ああっ!おおっ!」
アキノさんの甘美な声とパンパンと皮膚が当たる音と
ギシギシとベッドが軋む音が部屋に響きました。

「ああっ!オマ○コ気持ちいいっ!また逝きそうですっ!
おおっ!ご主人様nオチ○チンで逝きますっ!また逝きます!」
アキノさんは再びそう絶叫するとヒクヒクと全身を震わせ
白目を剥いて舌を出しながら泡を吹いて狂乱の体で達しました。

そして失神したかのようにグッタリとベッドに脱力して落ち
そのまま意識を失って動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3625-22aa42eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。