FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入ると
最初に私はツインルームの一番奥にあるソファに座りました。
そして彼女に、私に背を向けて四つん這いになり、
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はその日、家を出る時からノーパンでストッキングを穿き、
アナルプラグを入れスカートを穿いて一日過ごしていました。

私はストッキングを下ろしてさらけ出された臀部の中央で蠢く
アナルプラグを抜き差ししながら、アキノさんの性感帯となった
直腸粘膜と括約筋を刺激しました。
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

「よし、じゃあ次だ」
私はそのままベッドに仰向けに大の字で横たわりました。

「久しぶりだから奉仕させてやろう。好きなだけ舐めろ」
私がそう命じると、アキノさんは嬉しそうに微笑んで…
「はい、ありがとうございます、ご主人様。
一生懸命ご奉仕させていただきます。失礼します」
と答えて、正座に三つ指をついて丁寧に平伏してから、
私に上に覆い被さるように乗ってきました。

「おう、いいぞ。教えた通りにやってみろ」
「はい、かしこまりました、ご主人様。では、失礼します…」
アキノさんはそう答えると、唾液を舌にたっぷりと絡めて
その舌先でゆっくりと丁寧に左耳の外側を舐めていきました。
ザラついた舌の感触が耳を刺激するとゾワゾワとした悪寒のような
不思議な感覚が背筋を走りました。

「んふっ…んふんっ…んんんっ…」
アキノさんは甘い吐息を漏らしながら耳の中の襞を舐めていき、
続けて外周、耳の裏側と丁寧に舌を這わせていきました。

「んふっ…あぁ、ご主人様、嬉しいです…んふんっ…、
ご主人様にご奉仕できて…嬉しいです…んふんっ…、
ご主人様にお喜びいただきたいです…んふん…んんんっ…」
アキノさんは囁くようにそう言いながら耳からウナジ鎖骨へと
丁寧に舌を這わせていき、続けて反対側の右耳からも同じように
ウナジ、鎖骨へと丁寧に舐めていきました。

私は仰向けで大の字に寝たままアキノさんされるがまま
彼女の奉仕を黙って受け続けていました。
アキノさんは私の反応を確認しながら、私に教えられた通りに
丁寧に舌での奉仕を続けていました。

「あぁ…嬉しいです…ご主人様、ありがとうございます…、
ご奉仕させていただけて…奴隷は嬉しいです…あぁ…、
ご主人様…、ありがとうございます…」
アキノさんは恍惚の表情を浮かべながらそう言って、
奉仕するマゾヒストとしての喜びに満たされている様子でした。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3631-cd5722a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック