FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になると、
アキノさんに全身を舐めて奉仕するように命令しました。

アキノさんは嬉々として私の身体に覆い被さって全身を舐め
続いて私の許可と共にフェラチオを始めました。

「んふっ…あぁ…ご主人様のオチ○チン、美味しいです…。
奴隷はご主人様のオチ○チンをおしゃぶりできて幸せです…」
アキノさんは恍惚の表情を浮かべて甘えた声でそう言いながら、
ペニスの根本から裏筋を舌の腹で丁寧に舐め上げていき、
先端の肉粘膜の球体を転がすように舐め、カリの傘を舌先で舐め
先端の割れ目を舌先で刺激しました。

「おお…いいぞ、そのままくわえてみろ」
「あぁ…、はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは私の言葉に答えるように肉棹を口に含むと
タップリと唾液を分泌させて舌を左右に動かして亀頭を刺激しました。

「そうだ…、いいぞ、上手くなったじゃねぇかよ…」
「ふぁい、あいあほうほはいはふ(はい、ありがとうございます)…」
アキノさんは褒められて嬉しそうに微笑むと、肉茎の根本に両手を添え
顔を上下運動させてディープスロートを始めました。

「おう、そうだ、いいぞ、舌の動きも忘れるな…」
「んふっ…ふぁい(はい)…んふっ…んふんっ…」
アキノさんは私に言われたとおりに顔を動かしながら口の中で
舌を左右に動かして肉茎の先端粘膜を刺激し続けました。

「よしよし、そうだ。なかなか上手いぞ。そのまま続けろ」
私はそう言いながらアキノさんを微笑んで見つめて髪を撫でました。
「ふぁい、あいあほうほはいはふ(はい、ありがとうございます)…
んふっ…おひんひん、おいひいえふ(オチ○チン、美味しいです)…
んふっ…うえひいえふ(嬉しいです)…んふんっ…」
アキノさんは頭を撫でられて誇らしそうに微笑んで見上げながら
ペニスをくわえたままそう答えました。

私は彼女の頭に回した手で髪を掴むと、そのまま顔を私の股間に
強く押し付けていきました。

「むぐっ…ぐふっ…うぐうっ…」
突然肉槍を喉奥に押し込まれアキノさんは苦悶の呻きを上げました。
私は容赦なくアキノさんの髪を掴んだまま顔を上下に動かしました。

「ぐふっ…げふっ…うぐうっ…むぐうっ…」
アキノさんは喉奥を突かれる嘔吐感で苦しそうに呻きながら
涙目で私を見つめました。
私は彼女を冷淡な微笑みで見つめながら顔を動かし続け
更に腰を突き上げるようにして喉粘膜を責め上げました。

「ごふっ…げふっ…ぐふうっ…」
アキノさんは言葉にならない嗚咽と胃液の混じったような唾液を
大量に口から滴ながら肉槍の攻撃に耐えていました。

私は涙と唾液と胃液でベトベトになったアキノさんを見て
サディスティックな興奮を更に高めていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3635-8620d43e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。