FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になると、
アキノさんに全身を舐めて奉仕するように命令しました。

アキノさんは嬉々として私の身体に覆い被さって全身を舐め
続いてフェラチオをするアキノさんの頭を押さえつけて
イラマチオを強要しました。

私はイラマチオのために掴んでいたアキノさんの髪を離すと
「おい、お前のヨダレで汚くなったところを掃除しろ」
と命じました。

「んあっ…ハアハア…は、はい、かしこまりました、ご主人様」
アキノさんはようやく押さえつけられていた口を離すと
窒息気味の肺に酸素を供給するために激しく呼吸しました。
そして、息も絶え絶えに掠れた涙声で答えました。

「ホラ、ダラダラせずにサッサと掃除しろ」
私がそう言ってアキノさんの頭を平手で小突くと
「ううう、はい、申し訳ございません、ご主人様…。
ううう…、し、失礼致します…ううう…」
と、絞り出すような声で答えて、陰毛に付着した粘液を
丁寧に舌で舐めとっていきました。

「んふっ…んふんっ…んんんっ…んふんっ…」
アキノさんは苦しそうでいて、その苦しみに酔っているように
吐息を漏らしながら掃除を続けました。

「ホラ、他にもベトベトになっているところがあるだろうが」
「はい、申し訳ございません、ご主人様…」
アキノさんは私に言われて脚の付け根かた陰茎の根本、
陰嚢、会陰部へと自分の唾液が付着した部分を舐めて
キレイに拭き取っていきました。

「ご主人様、アナルをお掃除させていただいてもよろしいですか」
アキノさんは私の股の奥に顔を埋めてそう訊ねました。

「ああ、構わんぞ…」
私はそう言うと両脚を持ち上げて屈曲姿勢をとりました。
「ご主人様、ありがとうございます。では、失礼致します…。
ご主人様のアナルを…お掃除させていただきます…」
アキノさんは嬉しそうにそう言うと舌を差し出して
私のアナルの皺を舌先で丁寧に舐め始めました。

「んふっ…んふんっ…んんん…ううん…」
アキノさんは嬉しそうな甘い声を上げながら嬉々として
私のアナルを舐め続けました。

「ホラ、黙っていないでなんとか言え…」
私がそう言って持ち上げている足の踵でアキノさんの頭を小突くと…
「ううっ、ご主人様…申し訳ございません…ううう…。
ご主人様のアナル…とても美味しいです…。ううう…。
ご主人様のアナルの匂いも味も…大好きです…ううう…。
奴隷はご主人様のアナルにご奉仕できて…嬉しいです…」
と、彼女は答えてアナルを舐め続けました。

「ホラ、手が休んでるだろうが…」
私が再び踵でアキノさんを小突いて促すと…
「ううう…。申し訳ございません、ご主人様…」
と彼女は答えて、右手でペニスをしごき、左手で陰嚢を揉みました。
そして、更に激しく舌を動かしてアナルを刺激し続けました。

私はアキノさんに奉仕を受け続けながら深い満足感に浸りました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3636-7a99d9be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック