FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になると、
アキノさんに全身を舐めて奉仕するように命令しました。

アキノさんは嬉々として私の身体に覆い被さって全身を舐め
続いてフェラチオ、イラマチオ、アナル舐めと奉仕させてから
騎乗位でペニスを受け入れていきました。


「フン、逝ったのか…」
「ハアハア…ううう…逝きました…ううう…」
アキノさんは疲れた様子で呆然としながら虚ろな表情で答えました。

「フフン、淫乱なメス犬は1回くらいじゃ物足りないだろう。
ホラ、もっと逝けよ、この淫乱マゾ女!」
私はそう言いながら再び彼女の骨盤を掴んで動かしながら
腰を下から激しく突き上げました。

「ホラ、ここを責められると逝くんだろ?変態の淫乱女」
「おおっ!はい、逝きますっ!そこ責められると逝きますっ!
ああっ!オマ○コ気持ちいいっ!オチ○チン気持ちいいっ!
おおっ!また逝くっ!また逝くっ!おおーっ!おおおーっ!」
アキノさんは再び全身を痙攣させながら絶頂を迎えると
ガクガクと身体を震わせて脱力して果てました。

「オラッ、まだ終わりじゃねぇんだよっ!」
私は容赦なく骨盤を掴んで激しく彼女の腰を動かしながら
自分のペニスを休めることなく突き上げ続けました。

「ああっ!すごいっ!おおっ!オマ○コ、気持ちいいっ!
 ご主人様のオチ○チン、気持ちいいっ!おおっ!おおーっ!
 ありがとうございます!ご主人様、ありがとうございます!」
彼女は発狂したように叫び声を上げ再びスイッチが入ったように
本能の赴くまま腰を振り自分の快楽を感じる部分を
自らペニスで抉り始めました。

「オラッ!淫乱メス犬っ!ケツ振って喜んで嬉しいか?」
「ああっ!嬉しいですっ!おおっ!気持ちいいですっ!
 あおおっ!奴隷のオマ○コ、奥に当たって気持ちいいですっ!」
「そうか、じゃあお前の大好きな奥を責めてやろう…」
「ああっ!ありがとうございます!そこ、気持ちいいですっ!
 ご主人様のオチ○チン、気持ちいいですっ!
 また逝きそうですっ!おおっ!逝きますっ!逝きますっ!」
アキノさんはそう絶叫しながら再び快楽の頂点へ昇り詰めていき
そして脱力して果てました。

「オラッ、まだ逝けるだろうがっ!オラッ、オラッ」
「ああっ!オマ○コ気持ちいいっ!また逝くっ!おおっ!
あおおっ!また逝っちゃうっ!逝くうっ!おおーっ!」
アキノさんは再び絶叫すると連続的にオルガスムスを迎えました。

そして、そのまま私に突き上げられながら
狂ったように何度もエクスタシーを得ては果てました。

数えきれないほどの快楽の頂点を繰り返し続けて
彼女は最後には脱力したように私の上に崩れ落ちて
ハアハアと激しく呼吸しながら動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3638-065037c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック