FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になると、
アキノさんに全身を舐めて奉仕するように命令しました。

アキノさんは嬉々として私の身体に覆い被さって全身を舐め
続いてフェラチオ、イラマチオ、アナル舐めと奉仕をしてから
騎乗位でペニスを受け入れ、自ら腰を振り何度も絶頂を迎えました。

私に覆い被さってグッタリと動かなくなったアキノさんを
振り払うように下ろすと、彼女は呆然自失状態のまま
仰向けになって激しく呼吸していました。

焦点の合わない視線を天井で泳がせながら
意識朦朧とした状態で完全に自分を失っていました。

「オラッ、ボケッとしてるんじゃねぇよっ!」
私はそう言ってアキノさんに平手打ちを与えると
意識を取り戻させました。

「ううう…。申し訳ございません、ご主人様…」
アキノさんは遠退いた意識を引き戻しながら答えました。
そして、叩かれて紅潮した頬をさすりました。

「オラッ、くわえてみろっ!」
私はそう言うとアキノさんの口にディルドを押し込んで
唾液を絡めるようにグリグリと回しました。

「ううっ…うぐっ…ぐううっ…」
アキノさんは抵抗する気力も力もないまま口に受け入れて
シリコンが口腔内を蹂躙するのに耐えていました。

程よいところでディルドを抜くと、シリコンに絡まる唾液が
ネットリと彼女の口許まで糸を引きました。

私はその充分に潤った疑似男根を、先程まで快楽を貪っていた
牝淫穴へと押し込んでいきました。

「うおおっ!おううっ!おおっ!おおーっ!」
私がディルドを前後左右に激しく動かすたびに
アキノさんは人間のものとは思えないような声を上げ
歓喜の反応を示しました。

白目を剥き、口からは泡状になった涎を垂らし
舌を差し出しながら動物のように呻きました。
そして、下半身は別の生き物のように腰を激しく振り、
疑似男根を身体の最深部へと迎え入れようとしていました。

「おおっ!逝ぐっ!ううっ!逝ぐっ!逝ぐうっ!」
アキノさんはビクビクと身体を痙攣させながら首を振り
激しく腰を律動させながらオルガスムスに達しました。

私はそれでもディルドの激しい律動を止めずにいると
アキノさんは意識を取り戻して再び腰を振り始め、
再び快楽を貪り始めました。

「ああっ!逝ぐっ!おおっ!逝ぐうっ!逝ぐうーっ!」
アキノさんは終わることの無い連続絶頂を感じながら
エクスタシーだけを求める肉欲の塊へと堕ちていきました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
あの・・・
亮さん

こんにちは、粋永です。

リアルなアキノさんを知っているだけに、何度も何度も登り詰め、牝と化しているアキノさんは想像できませんね。(^^ゞ
なんかこっちが照れてしまいます。www

いや〜、ほんっとエロい。
そしてただの牝と化したアキノさんは素敵です。

粋永
2016/04/12(火) 19:24 | URL | 粋永(すいえい) #GCA3nAmE[ 編集]
粋永(すいえい)さんへ
コメントありがとうございます。

本当に彼女はここまでいくとケダモノですよ(笑)。
本人からは想像できないんですよね。
普段の見た目は「全然エロいことは知りません」
という顔をしてるんですよ(笑)。

そのギャップが私としては好きなんですよ。
今後もそういうギャップを楽しめる奴隷さんに
調教していこうと思っています。
2016/04/13(水) 22:49 | URL | 亮 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3639-16fd5f6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック