FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になりました。
そして、アキノさんに全身奉仕を命じると彼女は嬉々として
私の身体に覆い被さり、全身舐め、フェラチオ、イラマチオ、
アナル舐めをしました。

続けて、騎乗位で挿入し自ら腰を振り何度も絶頂を迎えた後、
彼女をベッドに仰向けに寝かせてディルドでエクスタシーを与え、
正常位と後背位で挿入して連続的にオルガスムスを与えました。

アキノさんは後背位で逝き果てると脱力して崩れ落ち
ベッドにうつ伏せのままハァハァ激しく呼吸しながら
ピクピクろ全身を小刻みに痙攣させていました。

その動きに合わせるように叩かれて紅く腫れ上がった臀部が
ビクビクッ震え、その動きに合わせるようにアナルが
口を開いたり閉じたりしていました。

私はその蠢くアナルに人差し指押し込みました。
彼女の後門は昼間から埋め込まれたアナルプラグによる拡張と
大量に前穴から溢れ出た潤滑油で抵抗なく受け入れていきました。

「おお~…あおお~…」
アキノさんは直腸粘膜抉られる感覚に甘い声を発しながら
背筋を駆け抜ける禁断の快楽浸っている様子でした。

私は彼女のその反応を確認すると背後から上に覆い被さり
彼女の骨盤を掴んでお尻を突きださせました。
そして、ヒクつく後穴へ肉茎を押し込んでいきました。

メリメリと括約筋が捲れて直腸の中に押し込まれる感覚と
その異物を排泄しようとする腸管の運動をペニス感じると
私は言いようの無い加虐的興奮が湧き上がりました。

「うううっ…うぐううっ…うううっ…」
アキノさんは臓器責められる苦悶の呻き声を漏らしながら
背中を仰け反らせシーツを掴んで顔をベッドに押し付け
必死に苦悶と恥辱に耐えている様子でした。

私はその彼女の反応を見ても容赦することなく
腰を前後に運動させ、肛門括約筋が捲れるのを見つめながら
肉茎を抽挿させ始めました。

「おぐうっ…うぐうっ…ぐううっ…」
アキノさんは今にも泣き出しそうな声で肛門を犯されることに
必死に耐えていました。

「フン、ホラ、変態マゾ女はケツ掘られて嬉しいだろうが…」
「ううう…はい、嬉しいです…。ううう…。
奴隷はお尻の穴を犯されて喜ぶ…変態のマゾです…うううっ…」
「じゃあ、もっと奥まで掘ってやるからケツを突きだしてみろ」
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは私に言われた通りにうつ伏せのままお尻を突き出し
アナルを開くようにして、私が更に奥まで挿入しやすいように
体勢を変えました。

「フフン、よし、じゃあもっとケツ掘ってやるよ」
私はそう言うと腰の動きを速め、骨盤をアキノさんの臀部に
叩きつけるように強くピストン運動しました。

「おおっ!あおっ!うぐうっ!あおおっ!」
アキノさんは悲鳴にも似た叫び声上げながら内蔵を蹂躙される
屈辱と苦悶に必死に耐えていました。

「あおっ!おおっ!ご主人様…ご主人様…」
アキノさんは哀願するような切ない声を上げながら
背後の私を見上げました。

「あん。どうした?」
私は腰の律動を少し緩めながら彼女に訊ねると…
「あの…ご主人様…アナル…気持ちいいです…うううっ…」
羞恥心にまみれて絞り出すような声でそう答えました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3642-b7d83efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。