FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になりました。
そして、アキノさんに全身奉仕を命じると彼女は嬉々として
私の身体に覆い被さり、全身舐め、フェラチオ、イラマチオ、
アナル舐めをしました。

続けて、騎乗位で挿入し自ら腰を振り何度も絶頂を迎えた後、
彼女をベッドに仰向けに寝かせてディルドでエクスタシーを与え、
正常位と後背位で挿入して連続的にオルガスムスを与え、
更に背後からアナルにペニスを挿入しました。

「あの…ご主人様…アナル…気持ちいいです…うううっ…」
羞恥心にまみれて絞り出すような声でそう答えました。

「そうか、変態マゾ女はケツ掘られて気持ちいいか」
「うぐうっ…、はい、気持ちいいです、ご主人様…」
「フフン、じゃあ、もっと喜ばせてやるよ、ホラッ」
私はそう言いながら更に激しく直腸の奥を突き上げるように
腰をアキノさんの臀肉に叩きつけました。

パンッ、パンッという乾いた皮膚の弾ける音に合わせるように
「くぁっ!あおっ!いいっ!アナル、気持ちいいっ!おおっ!」
と彼女は禁断の快楽に溺れる歓喜の声を上げました。

「フン、ケツがそんなに気持ちいいのか、この変態!」
「ああっ!はい、気持ちいいですっ!アナルが気持ちいいです!
ご主人様オチ○チンで…アナルが気持ちいいですっ!おおっ!」
アキノさんは嬉しそうに答えながら私の動きに応じるように
お尻を突き出して私を迎え入れようとしていました。

「フン、そんなにケツの穴の奥まで欲しいか、この変態」
「ああっ、欲しいです!もっとオチ○チン欲しいです!
奴隷のアナルはご主人様オチ○チン大好きですっ!
ああっ!逝きそうですっ!アナルで逝きそうですっ!ああっ!」
アキノさんは頂上目前の切ない声でそう言いながら
私の更なる激しい突きを求めてお尻を振りました。

「フン、変態マゾ女はケツで逝くのか…。じゃあ逝けよ」
「はい、ご主人様、ありがとうございます。逝きますっ!
奴隷はアナルで逝きますっ!おおっ!逝くっ!逝くうっ!」
アキノさんは肛門括約筋をグイグイ痙攣させながら
直腸粘膜への激しい刺激でエクスタシーを迎えました。

「フン、ケツで逝ったか、変態マゾ女…」
「ハァハァ…はい、逝きました…ハァハァ…ううう…
ご主人様…ありがとうございました…ハァハァ…」
アキノさんは先程までとは異なる内臓刺激での絶頂で
意識朦朧としながら力なく答えました。

「フン、まだ終わりじゃねぇんだよ…」
私はそう言って彼女の骨盤を掴んで引き起こし
お尻を突き出させるメス犬格好をさせました。

そして一度目の絶頂でパックリと口を開けている彼女の肛門に
再び剛直の肉茎を押し込みました。
私は彼女の骨盤を掴むと座骨に私の腰骨を叩きつけるように
容赦なく肉槍で彼女の内臓を突き上げました。

「おおっ!気持ちいいっ!アナルが気持ちいいっ!おおっ!
また逝くっ!またアナルで逝くうっ!おおっ!」
アキノさんはそう叫びながら背中を仰け反らせて
全身を痙攣させるように快楽の頂点へと上り詰めていきました。

「フン、そんなにケツがいいならもっとしてやるよ」
私は彼女が果てても容赦することなく彼女の骨盤を掴んだまま
激しい前後律動で括約直腸を責め続けました。

「ああっ!いいっ!アナルが気持ちいいっ!また逝くっ!
おおーっ!ご主人様オチ○チン気持ちいいっ!また逝くっ!。
あおーっ!また逝くっ!また逝くうっ!あおおっ、おおーっ!」
アキノさんはアナルを激しく突かれ続けながら何度も絶頂を迎え
快楽の深淵へと堕ちていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3643-04643a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック