FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になりました。
そして、アキノさんに全身奉仕を命じると彼女は嬉々として
私の身体に覆い被さり、全身舐め、フェラチオ、イラマチオ、
アナル舐めをしました。

続けて、騎乗位で挿入し自ら腰を振り何度も絶頂を迎えた後、
彼女をベッドに仰向けに寝かせてディルドでエクスタシーを与え、
正常位と後背位で挿入して連続的にオルガスムスを与え、
背後からアナルにペニスを挿入して繰り返し逝かせました。

アキノさんがアナルファックで何度かの絶頂を迎えた後、
私はアキノさんから離れてベッドを降りてソファ前に立ち
タオルで滝のように流れる汗を拭いました。

ベッドではアキノさんがハァハァと身体を揺らして
激しく呼吸しながら白目を剥いて失神したかのように
呆然自失状態となっていました。

私は自分の呼吸を整えた所で彼女に近寄っていき、
彼女の髪を掴んで引き起こしベッドから引きずり降ろしました。

「あうう…ハァハァ…ううう…」
アキノさんは脱力したまま抵抗することもできず
私にされるがままに引き据えられると床に正座しました。
そして項垂れたままグッタリと動かないままでした。

私は彼女の髪を掴んだまま上を向かせると平手打ち浴びせ
「掃除!」
と叱りつけるように命令しました。

「ううう…かしこまりました、ご主人様…失礼します…」
アキノさんは意識朦朧としたまま平手打ちの刺激が
痛みなのか快感なのか判断できない様子で答えました。
そして、顔を股間に寄せ、屹立したままの肉茎に舌を這わせ、
絡み付いた彼女の内臓液を舐め取っていきました。

「ホラ、手を抜かずに全部キレイにしろよ」
私がそう言って彼女の頭を小突くと…
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
と答えて、陰茎から陰毛全体に付着した粘液舐め取り、
続けて陰嚢から裏側まで舌を差し出して舐めていきました。

「フフン、チ○ポしゃぶりたいか?」
私が掃除しているアキノさんを見下ろしながらそう訊ねると
「はい、ご主人様のオチ○チン、おしゃぶりしたいです…
ご主人様にご奉仕したいです…」
嬉しそうに微笑みながら彼女は答えました。

「そうか、じゃあしゃぶっていいぞ」
「あぁ…ありがとうございます…奴隷は…嬉しいです…。
ご主人様のオチ○チン…いただきます…。失礼します…」
アキノさんは許可を得ると心底嬉しそうな笑みを浮かべて
私の肉棒を口に含んでしゃぶり始めました。

「んふっ…あぁ…嬉しいです…あぁ…美味しいです…
ご主人様のオチ○チン…美味しいです…んふんっ…
奴隷はご主人様にご奉仕できて…幸せです…んふんっ…」
アキノさんは恍惚の表情を浮かべて嬉しそうに言いながら
私の陰部を丁寧に舐めていきました。

つづく



FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3644-399ffd44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック