FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は広島市内を観光してから予約したホテルに入りました。

私はツインルームの一番奥にあるソファに座ると
アキノさんに私の目の前の床に背中を向けて四つん這いになり
お尻を突き出してスカートを捲るように命じました。

彼女はノーパンでストッキングを穿きアナルプラグを入れており
さらけ出された臀部の中央アナルプラグが蠢いていました。
私がアナルプラグを抜き差ししながら直腸粘膜と括約筋を刺激すると
彼女は肛門を抉られる感覚で、ジットリと愛液を溢れさせました。

私はその反応を確認すると、服を脱いで全裸でベッドに上がり
彼女にも全裸でベッドに上がるよう命じました。
そして、私は綿紐を取り出すとアキノさんを菱縄に縛りあげました。

続いて、私がベッドに仰向けの大の字で横になりました。
そして、アキノさんに全身奉仕を命じると彼女は嬉々として
私の身体に覆い被さり、全身舐め、フェラチオ、イラマチオ、
アナル舐めをしました。

続けて、騎乗位で挿入し自ら腰を振り何度も絶頂を迎えた後、
彼女をベッドに仰向けに寝かせてディルドでエクスタシーを与え、
正常位と後背位で挿入して連続的にオルガスムスを与え、
背後からアナルにペニスを挿入して繰り返し逝かせました。

その上で最後に、私はベッドから降りて仁王立ちし、
アキノさんを床に正座させて掃除とフェラチオを命じました。


「んふっ…あぁ…嬉しいです…あぁ…美味しいです…
ご主人様のオチ○チン…美味しいです…んふんっ…
奴隷はご主人様にご奉仕できて…幸せです…んふんっ…」
アキノさんは恍惚の表情を浮かべて嬉しそうに言いながら
私の陰部を丁寧に舐めていきました。

私はアキノさんの髪を両手でガッチリと掴むと、
彼女の口の中で肉棒を前後に動かし始めました。

「ぐふっ!ごふっ!げうっ!おぐっ!」
アキノさんは突然、肉槍で喉奥を突かれて苦悶の呻き声を
漏らしながら、苦しそうに涙目で私を見上げました。

私はその被虐的な表情にゾクゾクするような興奮を感じ、
更に彼女を汚し辱しめ虐めるべく、激しく突き上げました。

「ぐふっ!げふうっ!うげえっ!」
口腔内凌辱されアキノさんは嗚咽と嘔吐混じったような声で
呻き続けながら口からは唾液と胃液の混合液を垂らしました。

涙と鼻水と唾液と胃液で彼女の顔はグチャグチャになり
それでも抵抗することもできず、されるがまま蹂躙されて
アキノさんはただ粘液に濡れた肉穴と化していました。

「ホラ、ちゃんと舌も使え」
「うぐうっ…ふぁい(はい)…ぐふっ…ぐううっ…むぐうっ…」
アキノさんは私に言われると上目使いに私を見上げて、
肉棒を押し込まれて動かすことも苦しい状態の舌を
必死に左右に動かして、肉棒の裏筋や亀頭を刺激しました。

「おおっ!そうだ…そのまま続けろ…おお…逝くぞ…」
「ううっ…ふぁい(はい)…ううっ…ぐふっ…むぐうっ…」
私の射精が近づいてくると、アキノさんは必死に舌を動かして
私の興奮爆発が早まるように応じました。

「おおっ!逝くぞっ!おおっ!逝くうっ!」
私はそう言いながら腰の律動を速め彼女の口腔内の一番奥に
肉槍を突き刺すように押し込みました。
その瞬間、弾けるように私の我慢が臨海点を越えると
一気に溜まっていた欲望の白濁液彼女の口の中に放出しました。

「ううっ!うぐっ!むぐうっ!」
アキノさんは口の中に生暖かくて生臭いスペルマを放出され
必死にこぼさないように受け止めていました。
そして全ての粘液を口の中に含むと一気に嚥下しました。

そして、ペニスからゆっくりと口を離すと…
「ハアハア…ううう…ご主人様、ありがとうございました…
ご主人様の精液…美味しかったです…ごちそうさまでした…」
と答えて、再び舌で私のペニス絡み付いている
彼女の唾液と胃液、そして私の精液の複雑に混合した粘液を
舐め取り丁寧に舐めて掃除していきました。

更に彼女はペニスキレイ舐めて掃除した後、
続けて陰毛に付着した同様の混合粘液を舐め取っていき、
陰嚢から裏筋にかけて舌を差し出して舐め取っていきました。

私は彼女の嬉々として奉仕する姿を見下ろしながら
サディスティックな充足感が満たされるのを感じていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3645-5c1e7342
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック