FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島旅行(その1)』まで。

**************************************************

私達は広島のホテルで調教を終えると出掛ける準備を始めました。

その日はネット上でお付き合いのある広島の方々と
「せっかくの機会ですから」
という事で食事に行くことになっていました。

調教を終えて、まず最初にアキノさんに…
「そのドロドロのベトベトになった顔を洗ってこい」
と命じました。
「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんはそう答えるとヨロヨロ立ち上がり
脚に力が入らない様子で膝をガクガクさせながら
洗面所へと歩いていきました。

程なくアキノさんが顔を洗顔フォームで丁寧に洗ってから
戻ってきました。

「そろそろ出掛けるから化粧して準備しろ」
「あ、はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんはそう命じられると素直に従い、
鏡の前で髪を整え化粧を施しました。

私はそう命じた後、私自身も顔を洗って髪を整えてから
服を着はじめました。


「あの…ご主人様…。お化粧が終わりました…」
アキノさんは化粧を終えると私に向き直り声を掛けました。

「ああ、そうか。じゃあ服を着なさい」
私がそう言うと、アキノさんは「えっ?」という驚きと
困惑の表情で私を見つめました。

「そのまま服を着なさい」
そう私に言われて命令の内容を初めて理解したようです。

つまり、調教を受けて股間の汚れた綿紐の菱縄のままで
ノーパンノーブラで服を着ろと言われていることを
彼女はその時点で理解しました。

「ホラ、待ち合わせに遅れるから早くしなさい」
「は、はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは私の淡々とした命令に、諦めたように従い
服を着はじめました。

ストッキングを直に穿き、キャミソールを着て、
スカートを穿き、ニットセーターを着て、コートを羽織り
そのまま外出することになりました。

私達は待ち合わせ場所に到着すると予定通りに落ち合い
そのまま食事に出掛けました。

完全個室を予約してもらってSM談義も盛り上がり
そのまま二次会はSMバーにも行きました。
非常に楽しいディープな広島の夜になりました。

(当日の詳しい模様はコチラをご覧下さい。)

程よく酔っ払った私達はホテルにタクシーで帰りました。
そして調教の満足感と楽しかった飲み会の快い酔いのまま
服を脱いで全裸で眠りに落ちました。

翌朝。
アキノさんは綿紐で縛られたまま寝落ちしてしまったために
肌にクッキリと紐の痕が残っていました。

アキノさんは自分の身体に残ったら綿紐の痕を見ながら
嬉しそうに微笑んでいました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3646-2e415877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。