FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


前回の広島旅行から数日後、私は翌週のアキノさんの休日に
次の調教をしようと彼女に連絡を入れました。

> 来週の○日は休みだっただろう。
> お前の都合がいいならまた調教してやるが都合はどうだ。
> 調教を受けたいならその旨、連絡してきなさい。

するとアキノさんからはすぐに返信が返ってきました。

> ご主人様、ご連絡ありがとうございます。
> また、先日の旅行はありがとうございました。
> とても楽しい旅行で、いい思い出が出来ました。
>
> 来週の○日は空いています。
> ご主人様のご都合がよければご調教をお願いしたいです。

アキノさんは広島での楽しかった記憶を反芻るようにしながら
次の調教を望む返信を送ってきました。

私はアキノさんからの返事を確認すると返信を送りました。

> そうか。では次回は○日に調教してやろう。
> 前回の旅行でせっかく購入した調教道具もあるしな。
> せっかく購入したので冷厳アラタカな調教をしてやるよ。
> 楽しみにしていなさい。

するとアキノさんは私のメールの意味を理解したようで
緊張感と恐怖感を感じるような返信を送ってきました。

> お忙しい中、調教のお時間をいただき、ありがとうございます。
>
> もしかして新しい調教道具というのは先日の広島旅行の
> 宮島で購入したものですか?。
> あれで叩かれたらかなり痛そうです…。
> よりも面積も広いですし木で出来ていて硬いですし…。
> 今までとは少し違う怖さがあるのですが…。
>
> 冷厳あらたかというより罰当たりのような気もします…。

私は彼女のそのメールを読んで笑いがこみ上げるのを感じながら…

> そうだな。罰当たりかもしれんな。
> でも、罰当たりだから刺激的ということもあるだろう。
> お仕置きの罰を受ける気持ちでスパンキングを受けなさい。
>
> それに木で出来ていると無機質なプラスチックや樹脂よりも
> 温もりのようなものを感じられるかもしえんぞ(笑)。

と、彼女を嘲り笑うように返信を送り返しました。

> あの…、ご主人様、私は罰を受けたりお仕置きを受けるような
> 何か粗相はありましたでしょうか。
> 現在のところ、ご主人様からお仕置きを受けるような粗相は
> ちょっと思い浮かばないのですが…。

と、可能な限り新しい道具での調教を受けたくないような
返信が彼女から送られてきました。

> なんだよ。粗相があったかなかったかとはは関係ないだろう。
> 私がやりたいと思ったらやるんだよ(笑)。
> 私がやりたいと思うことを受け入れて喜ぶのが奴隷だし、
> 私がやりたいことを受け入れて楽しませるのが奴隷だろう。

私がそう諭すように返信を送ると…

> かしこまりました、ご主人様。
> 私はご主人様にお愉しみいただくための奴隷ですので、
> ご主人様のしたいことは甘んじて受け入れます。
>
> ご主人様がお楽しみいただけるように耐えますので
> せっかく購入した新しい調教道具をお使いください…。

と、アキノさんから諦めたような返信が返ってきました。

> そうだな。せっかく購入したものなので楽しませてもらおう。
> お前も楽しみにしていなさい。

と、私が追い打ちをかけるようにメールを送ると、

> いえ、楽しみにはできません。正直怖いです(笑)。
> 楽しみにすることも楽しむことも今のところ無理です。
> でも、ご主人様に喜んでいただくために頑張ります。

という隷属したマゾヒスト的な返信が返ってきました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3676-c913a5db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック