FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは脱ぎ散らかされた私の服を拾ってハンガーに掛け
クローゼットに丁寧にしまいました。

次に私は彼女に全裸になってベッドに上がるように命じると
彼女は「かしこまりました、ご主人様」と答えて服を脱ぎ
首輪を嵌めてベッドに上がり、私の横に正座しました。

「じゃあ、最初に奉仕しろ」と私が命じると、
彼女は嬉々として受け入れて私の上に覆い被さり、
たっぷりと唾液を絡めた舌で耳から首筋に掛けて舐め始めました。

「んふっ…んんっ…んふんっ…んんん…」
アキノさんは甘い吐息で鼻を鳴らすように喘ぎながら
丁寧に耳から耳裏、首筋、鎖骨付近へと舌を這わせました。

彼女の舌が通過した跡はネットリと唾液が付着し、
その粘液の気化する感覚で悪寒が走るのを覚えました。
その悪寒が舌のザラついた感触と絡み合って
鳥肌の立つようなゾクゾクした感覚に襲われました。

「黙ってないで何とか言え」
私がそう言って口唇奉仕を続けるアキノさんの後頭部を
平手で軽く小突くと…
「あううっ…、申し訳ございません、ご主人様…。
ご主人様にご奉仕できて…奴隷は嬉しいです…んふんっ…。
ご主人様、ありがとうございます…、んふっ…んんっ…」
と申し訳なさそうな困り顔で彼女は私を見上げました。

「フン、いつまで経っても出来ない奴だな。
イヤならやめて帰ってもいいんだぞ」
私が笑ながらそう言って再び彼女の後頭部を小突くと
「ううっ、はい、申し訳ございません、ご主人様…。
至らぬ奴隷で…申し訳ございません…ううう…。
嫌ではありません。ご奉仕させていただきたいです…うう…」
と彼女は力なく答えて奉仕を続けました。

「お前がやりたいならやってもいいが、やるなら手を抜くな。
教えた通りちゃんとやれ…」
私はそう命じながら再び彼女の後頭部を小突きました。
「はい、申し訳ございません、ご主人様…。
奴隷はご主人様にをお楽しみいただきたいです。
奴隷は喜んでご奉仕させていただきます。んふっ…んふんっ…」
アキノさんはそう言いながら再びウットリとした表情で
舌を這わせ始めました。

そして彼女は顔を私の左側からウナジ、鎖骨、顎筋と這わせ、
そのまま私の顔の右側へと移動していき、同じように耳から耳裏、
ウナジ、鎖骨と丁寧に舌を這わせていきました。

アキノさんはその動きに合わせるように右手を部屋着の中に入れ
前の重なりを開いて私の胸を露出させると、指先で丁寧に
乳首を転がすように刺激し始めました。

「んふっ…ご主人様…美味しいです…んふんっ…んんっ…。
ご主人様にご奉仕できて…奴隷は幸せです…んふんっ…。
ご主人様にお楽しみいただきたいです…んふんっ…んふうっ…」
アキノさんは囁くようにそう言いながら私の頭部を嬉しそうに舐め
奉仕する喜びに浸っている様子でした。

「おう…そうだ、なかなかいいぞ。そのまま教えた通りに続けろ」
「んふっ…はい、ご主人様…ご奉仕させていただきます…。
ご主人様に教えていただいた通りに…ご奉仕させていただきます…」
アキノさんはそう答えて、顔を下へと移動させていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3678-29e50dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック