FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは脱ぎ散らかされた私の服を拾ってハンガーに掛け
クローゼットに丁寧にしまいました。

次に私は彼女に全裸になってベッドに上がるように命じると
彼女は「かしこまりました、ご主人様」と答えて服を脱ぎ
首輪を嵌めてベッドに上がり、私の横に正座しました。

「じゃあ、最初に奉仕しろ」と私が命じると、
彼女は嬉々として受け入れて私の上に覆い被さり、
たっぷりと唾液を絡めた舌で耳から首筋に掛けて舐め始めました。

そして手で私の部屋着の前をはだけて乳首を指先で刺激しながら
私の顔の周囲から苦手な臭いのする両腋に顔を埋めて腋を舐め
続けて乳首に舌を這わせ口に含んで吸い口唇奉仕を続けました。

「あぁ…ご主人様…美味しいです…んふっ…んふんっ…
 あぁ…ご主人様…ご奉仕出来て嬉しいです…んふっ…
 ありがとうございます…んふっ…んふんっ…」
アキノさんは甘い吐息を漏らしながら乳首への口唇奉仕を続け
同時に右手を股間に這わせて私の硬くなった肉茎を握り
上下運動をさせながら刺激を続けました。

「フフフ…どうだ、チ○ポしゃぶりたくなったか…」
私が彼女にそう尋ねると乳首を口に含んだまま私を見上げて
「あぁ…はい、ご主人様のオチ○チン、おしゃぶりしたいです…」
とウットリとした口調で答えました。

「フフン、そうか。じゃあしゃぶってもいいぞ…」
「あぁ…ご主人様、ありがとうございます。嬉しいです…」
アキノさんは私の許可が下りると嬉しそうに笑顔を浮かべて
身体を下にずらし、私の両脚の間で身体を丸めるようにして
私の下腹部に顔を寄せました。

「ご主人様、失礼致します…。ご奉仕させていただきます…」
アキノさんはそう言うと舌を差し出して、肉茎の根元から
ゆっくりと裏筋を舐め上げていきました。

大量に舌に絡んだ唾液の生暖かくネットリとした感覚と、
その舌が通過した後のヒンヤリとした感覚とが複雑に絡み
私の敏感な粘膜を強く刺激しました。
その感覚に合わせるようにビクビクと私の肉棒は蠢きました。

「あぁ…ご主人様のオチ○チン…美味しいです…んふんっ…
 ご主人様にご奉仕出来て…嬉しいです…んふんっ…」
アキノさんは嬉しそうにそう言い、ソフトクリームを舐めるように
何度も肉茎の周囲を舐め上げました。

「おお…いいぞ…ちゃんと手も使えよ…」
「あぁ…はい、かしこまりました、ご主人様…んふっ…んふっ…」
アキノさんは私に命じられると根元に添えていた手を
ゆっくり陰嚢へと移動させていきました。

そして口から大量にあふれさせた唾液を指先に絡めながら
陰嚢をゆっくり揉み解しました。
その動きに合わせながら、彼女は繰り返し私の肉茎を舐め上げ
口と手で私に快楽を与えようと奉仕を続けました。

「いいぞ…そのまま咥えてしゃぶってみろ…」
「はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは私の命令に従って、肉茎の先端の亀頭を口に含み
嬉々として舌を動かしながら顔を上下運動させました。

「ホラ、手もちゃんと動かせ」
「んふっ…ふぁい(はい)…んふっ…んふんっ…」
アキノさんは私の命令に応えるように右手で陰嚢を揉み続け
肉系の根元に添えた左手を顔の上下運動に合わせるように
しごき始めました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3681-156782fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック