FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは脱ぎ散らかされた私の服を拾ってハンガーに掛け
クローゼットに丁寧にしまいました。

次に私は彼女に全裸になってベッドに上がるように命じると
彼女は「かしこまりました、ご主人様」と答えて服を脱ぎ
首輪を嵌めてベッドに上がり、私の横に正座しました。

「じゃあ、最初に奉仕しろ」と私が命じると、
彼女は嬉々として受け入れて私の上に覆い被さり、
たっぷりと唾液を絡めた舌で耳から首筋に掛けて舐め始めました。

そして手で私の部屋着の前をはだけて乳首を指先で刺激しながら
私の顔の周囲から苦手な臭いのする両腋に顔を埋めて腋を舐め、
乳首に舌を這わせ口に含んで吸い、そのまま顔を股間に寄せ、
口唇奉仕を続けました。

「おお…いいぞ。もっと激しくしゃぶれ」
「んふっ…ふぁい、はひほはひはひは(はい、かしこまりました)…」
アキノさんは私の命令に上目遣いで答えると、
肉茎を含んだ口の上下運動を更に激しくしていき、
その動きに合わせるように肉茎の根元に添えた左手を動かし
陰嚢を包み込むように揉んでいた右手も動かしました。

「おお…いいぞ…うれしいか?」
「んふっ…ふぁい、うえひいえふ(はい、嬉しいです)…んふっ…
 おひんひん、おいひいえふ(オチ○チン、美味しいです)…
 おほうひへひへ、うえひいえふ(ご奉仕できて嬉しいです)…」
アキノさんは私の訊ねたことに嬉しそうに答えながら
両手と口唇での奉仕運動を続けていきました。

「フフフ…じゃあ、もっとお前が喜ぶようにしてやろう…」
私はをういうとアキノさんの髪を両手で掴むと、
頭を抑え付け喉奥に肉槍を突き刺ように押し込みました。

「むぐうっ!ぐううっ!」
アキノさんは嘔吐するような苦悶の呻き声を上げました。
そして喉奥から粘度の高い液体をダラダラと溢れさせました。

「ホラ、嬉しいんだろうが、あん?」
私はそう言いながら彼女の髪を掴んで上下に動かしながら
腰も突き上げて口内を肉槍で蹂躙しはじめました。

「うげっ!げうっ!げふうっ!ごふうっ!」
アキノさんは苦悶の声を漏らしながら口からダラダラと
粘液を垂らし続けました。

「フフン、嬉しいんだろうが、あん?」
私が彼女の髪を掴んだ手の動きを止めてそう訊ねると
アキノさんは涙目を浮かべ口の周りを唾液でベトベトにしたまま
「ううう…ふぁい、うえひいえふ(はい、うれしいです)…」
と涙交じりの声で答えました。

「フン、そうか、じゃあもっと喜べよ」
私はそう言いながらアキノさんの髪を掴んだ手を再び動かし
腰を突き上げながら喉奥を肉槍で突き上げました。

「げふっ!ごふっ!おぐっ!ごふっ!」
アキノさんは喉の奥から溢れ出る大量な粘液を吐き出しながら
与えられる苦悶に必死に耐え続けていました。

私はその様子を見つめながら自らの興奮が更に高まるのを感じ
サディスティックな興奮に任せて彼女の口腔内を凌辱し続けました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3682-dd84bfae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。