FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは脱ぎ散らかされた私の服を拾ってハンガーに掛け
クローゼットに丁寧にしまいました。

次に私は彼女に全裸になってベッドに上がるように命じると
彼女は「かしこまりました、ご主人様」と答えて服を脱ぎ
首輪を嵌めてベッドに上がり、私の横に正座しました。

「じゃあ、最初に奉仕しろ」と私が命じると、
彼女は嬉々として受け入れて私の上に覆い被さり、
たっぷりと唾液を絡めた舌で耳から首筋に掛けて舐め始めました。

そして手で私の部屋着の前をはだけて乳首を指先で刺激しながら
私の顔の周囲から苦手な臭いのする両腋に顔を埋めて腋を舐め、
乳首に舌を這わせ口に含んで吸い、そのまま顔を股間に寄せ、
口唇奉仕を続けました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

私はアキノさんのイラマチオを充分に堪能すると
髪を掴んだまま彼女の顔を私の股間から引き離しました。

「んぷっ…ハァハァハァ…」
アキノさんは私の肉茎から顔を離すと呼吸困難から解放され
激しく息を吸いました。

彼女の顔を涙と唾液と胃液の混じり合った粘液で
ベットリと濡れ、髪が粘液で顔に貼り付いていました。

「フフン…嬉しかったか、あん?」
「ハァハァ…はい、嬉しかったです…ハァハァ…」
アキノさんは涙で潤んだ目で私を見上げながら
呼吸を整えて力ない口調でそう答えました。

「じゃあ、次だ」
私はそう言ってアキノさんの髪を離して放り出して立ち上がりました。
彼女は茫然としてグッタリと力なくヘタリこんで肩で息をしていました。

私は綿紐を取り出すと、スルスルと解きながら…
「胡坐をかいて座って腕を前に出せ」
と、アキノさんに命じました。

「ううう…はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは力なくそう答えて命じられた通りにベッドに胡坐で座り
両腕を合わせるように前に差し出しました。

私は両手首をピタリと併せるように合わせて綿紐で縛ると、
腕が密着するように格子状に縛り上げていきました。

「ううう…」
アキノさんはスルスルと肌を這う綿紐の感触を感じながら
自由を奪われていく感覚に興奮を覚えている様子でした。

そして、2本目の綿紐を解くと胡坐で重ねた両足首を縛り
脚の動きを封じるように縛り、両手首の結び目につなげて
手脚が動かないよう固定しました。

その上で、アキノさんの視界を奪うように彼女にアイマスクを嵌め、
更にギャグボールを押し込んで言葉を発する自由も奪いました。

「ううう…ううう…」
アキノさんは四肢と視覚、言葉を奪われた不安そうに呻きました。

私はアキノさんのその様子を見ながら次の責めを考えていました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3683-80be042b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック