FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットに丁寧にしまってから
私に命じられた通り全裸になって首輪を嵌めてベッドに上がり
私の横に正座しました。

「じゃあ、最初に奉仕しろ」と私が命じると、
彼女は嬉々として受け入れて私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。


「よし、いいだろう…」
私はそういうとアキノさんの目の前で立ち上がり、
彼女の額を蹴って仰向けに寝かせました。

「おううっ…」
突然の出来事にアキノさんは驚きの声を上げながら
達磨が転がるように仰向けに転がりました。
すると、既に口唇奉仕でマゾヒストとしての喜びで興奮した
彼女の愛液溢れる秘部が晒け出されました。

「フフン、いいザマだな。マ○コ汁を垂れ流してるのが丸見えだ」
「ううう…」
私がそう辱める言葉を掛けるとアキノさんは羞恥に震えるように
顔を紅潮させながら呻き声を上げました。

「フン、こんなにマ○コ汁垂らしやがって…。
 もっと責められたいんだろうが…」
私はディルドを取り出して彼女の晒け出された秘所の前に座ると
アキノさんの粘液溢れる秘孔にズボズボと埋め込んでいきました。

「おおうっ!おううっ!おおっ!おううっ!」
アキノさんは突然与えられた粘膜へのシリコンの引きつる感触に
激しく身体を震わせて反応を示しました。

「オラ、気持ちいいか、あん?」
「おうっ!おおっ!おううっ!おおーっ!」
私がそう言いながらディルドを前後運動させ始めると
アキノさんは顔を左右に激しく振り身体をビクビクと硬直させて
激しい喘ぎ声を上げました。

シリコンの疑似肉棒が前後運動するたびに彼女の肉汁が溢れ
その前後律動に合わせるように絡み付いた粘液が
グチョッ、ネチョッという湿度の高い淫猥な音を立てました。

「フン、気持ちいいかって訊いてるんだよ」
私がそう言いながらディルドを動かしつつ彼女のお尻を叩くと
「おうっ!おおっ!おううっ!」
と、彼女は叩かれた身体を硬直させながら何度も頷きました。

「オラ、これが気持ちいんだろうが、あん?」
私はそう言いながらアキノさんの最も弱点であるポルチオへ
ディルドが直撃するように押し込んで抉るように回転させました。

「ぐおおっ!おぐっ!おごおっ!」
アキノさんは口から泡のような唾液を溢れさせながら
叫び声を上げて身体を痙攣させました。

私は彼女のその反応から絶頂が近いことを見て取り、
そのまま激しくディルドを回転運動させ続けました。

「ぐうっ!ひぐっ!(逝くっ!)ひぎはぐ(逝きます)」
アキノさんはそう叫ぶと全身をビクビクと痙攣させながら硬直させ
一気に絶頂へと昇り詰めていきました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3684-57c2fb4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。