FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットに丁寧にしまってから
私に命じられた通り全裸になって首輪を嵌めてベッドに上がり
私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

その上で仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドを挿入して膣内を刺激して昇天させました。

「あん?なんだ?もう逝ったのか?」
私がアキノさんの反応を確認するように訊ねると…
「ううう…ふぁい(はい)…ひぎはひは(逝きました)…ハァハァ…」
と力尽きたような声で荒い呼吸をしながら答えました。

「フン、相変わらず簡単に逝きやがるな、この淫乱め」
「ハァハァ…ふぁい(はい)…ハァハァ…
 ほうひはへほはいはへん(申し訳ございません)…」
アキノさんは私に言われて謝意を込めて答えました。

「フン、淫乱マゾ女は一度逝ったくらいじゃ足りないだろう。
 オラ、もっとマ○コ責めてやるから喜べよ」
私はそう言いながら再びディルドを前後運動させながら
奥に押し込んでコリコリする部分を突端で刺激しました。

「おおうっ!おおっ!あおおっ!」
アキノさんは再び自らのウィークポイントでありスイートスポットを
激しく煽り責められることで絶叫しながら身体を震わせました。

「オラ、気持ちいいんだろうが、あん?」
「おううっ!ふぁい(はい)…ひほひいいへふ(気持ちいです)!」
アキノさんは私の責めを受けながら身体をビクビクと収縮させ
絶叫しながらそう答えました。

「ホラ、逝きそうなんだろうが、あん?」
「おううっ!ふぁい(はい)、ひぎはぐ(逝きます)、おううっ!
 ひぎほうへふ(逝きそうです)!おおっ!おおーっ!」
アキノさんは疑似肉茎の激しい運動に反応するように叫びながら
一気に快楽を全身に広げていく様子でした。

その反応に合わせるようにダラダラとメスの淫液を分泌し
ディルドに大量に絡み付かせました。
そのシリコンの運動で絡み付いた淫液が白く泡立ち、
彼女の秘襞に付着していました。

「おうっ!ひぐっ(逝くっ)!おおうっ!ひぐうっ(逝くうっ)!
 おおおーっ!ひぐうーっ(逝くうーっ)!」
アキノさんは口から唾液の泡を吹きながら叫び声を上げ、
全身を痙攣させるように硬直しながら一気に快楽の頂点へと
昇り詰めていき、そのまま脱力して落ちました。

「オラ、休んでる暇はないぞ。もっと逝ってみろ」
私はそう言いながらディルドを激しく抽挿させ続けながら
Gスポットとポルチオの両方を抉るように責め続けました。

「おおっ!ひぐっ(逝くっ)!はがひぐっ(また逝く)!おおーっ!」
アキノさんはそう絶叫すると再び絶頂へと昇り詰めました。

私はそれでも責める手を休めることなく律動させつづけ
疑似肉棒での責めを継続させました。

その動きに合わせるように彼女の淫穴からは肉汁が溢れだし
白く泡立ちながらグチョッ、ネチョッという淫猥な音を立てました。

「おおっ!ひぐっ(逝くっ)!おおーっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんは何度もそう絶叫しながら立て続けに絶頂しました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3685-b95e8b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック