FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつもの通りに待ち合わせてホテルに入りました。

部屋に入ると私は服を脱いでホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットに丁寧にしまってから
私に命じられた通り全裸になって首輪を嵌めてベッドに上がり
私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

その上で仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドを挿入して膣内を刺激して連続的に昇天させ
続けてバイブで責めて再び彼女を絶頂に追い上げました。

「フン、バイブでまた逝ったようだな、淫乱女」
「ううう…ふぁい、ひひはいは(はい、逝きました)…」
アキノさんは脱力したまま激しくハァハァと呼吸しながら
かすれた声でそう答えました。

「フン、淫乱マゾ女はまだ逝き足りないだろう…。
ホラ、もっと逝かせてやるよ…」
私はそう言いながら淫核用の突起の振動を最強にして
包皮から充血して膨らんで顔を出した蕾に押し当てました。

「おおうっ!おううっ!おおーっ!」
アキノさんは強烈な振動刺激を受けて人間とは思えないような
激しい呻き声を上げて身体を硬直させました。
その動きを封じるように綿紐が彼女の身体を締め上げると
アキノさんは更に身体を前後左右に動かしました。

「フフフ…、いいぞ、もっとよがり苦しめよ…」
私はそう冷酷に言いながら、バイブの軸の回転運動を最強にし
彼女の膣粘膜への刺激を与えました。

「おおっ!おううっ!あがあっ!あおおっ!」
アキノさんは更に激しく叫び声を上げながら口から泡を吹き
全身をビクビクと硬直させ続けました。

「フン、もっと喜べよ、この淫乱マゾ女」
私はバイブ彼女の身体の最も深い所に押し込んでいき、
シリコン回転運動でポルチオをグリグリ責めながら
敏感な肉蕾に振動刺激を与え続けました。

「おおっ!ひぐっ(逝くっ)!おおーっ!」
アキノさんはそう絶叫すると縛られた身体を精一杯仰け反らせ
口から泡を吹き全身を痙攣させなが一気に絶頂へと昇り詰めて
脱力して崩れ落ちました。

「オラッ、まだ終わりじゃねぇんだよ」
私は残忍な笑いを浮かべながら、更にバイブを前後運動させ
奥に押し込むと回転運動与えました。

「おうっ!おおっ!いいっ!おおうっ!おおーっ!
おあんお、ひほひいいっ(オマ○コ、気持ちいいっ)!」
アキノさんは狂ったように叫びなが快楽に没頭していきました。

彼女の秘孔からは更に大量の粘蜜溢れ出て白く泡立ち
バイブのシリコンに絡んで、バイブが動くたびに
グチョッ、ネチョッという淫猥な音を立てました。

「おおっ!はがひぐっ(また逝くっ)!ひぐうっ(逝くうっ)」
アキノさんは再び断末魔の声を上げながら昇天して果てました。

「ホラ、もっと逝かせてやるよ。
遠慮しなくていいぞ、この変態淫乱マゾ女」
私はそう嘲笑い蔑みながバイブをグリグリと回転させながら
前後律動更に速めました。
こうすることでGスポットを抉りながらポルチオ圧迫し
アキノさんが最も逝きやすい責め与えたのです。
この攻撃に淫核への振動刺激を同時に与えることで
アキノさんは狂ったように連続絶頂へと達し続けました。

「おおーっ!ひぐっ(逝くっ)ひぐうっ(逝くうっ)!
あおっ!はがひぐっ(また逝くっ)ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんはバイブでGスポットとポルチオを抉られながら
クリトリスへの振動刺激を受けて、発狂したように叫びながら
何度も繰り返しエクスタシーに達しては果てました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3687-35068120
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。