FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつものホテルに入ると、私はホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットにしまってから私に命じられた通り
全裸になって首輪を嵌めてベッドの上の私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

彼女を仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドバイブで責めて連続で絶頂に追い上げました。

今後は彼女をうつ伏せにしてお尻を突き出させる姿勢を取らせ
ディルドを再びヴァギナに押し込み、広島土産のしゃもじ
彼女の臀部をスパンキングして何度も昇天させました。

「フフフ…、ケツを叩かれて逝ったか、この変態マゾ女」
「ううう…ふぁい(はい)…ううう…」
アキノさんはディルドで膣内を責められながらお尻を叩かれ
快楽と苦痛の複合刺激による繰り返しての絶頂を受けて
力尽きたような声で答えました。

「ホラッ、まだ終わりじゃねぇんだよ」
私はそう言いながら再び彼女のお尻をしゃもじで叩きました。

「ひいいっ!おおうっ!おおっ!」
アキノさんは再び強烈な苦痛を受けて叫び声を上げながら
身体を硬直させて耐えている様子でした。

「ホラッ!もっと泣き叫べ、ホラッ!」
「おうっ!ひいっ!おおうっ!おおーっ!」
アキノさんは苦痛で悲鳴を上げながら身体をくねらせて
叩かれ続ける痛みに必死に耐え続けていました。

私は叩く手を休めるとディルドを前後抽挿と回転運動を続け
彼女の最も敏感な膣粘膜を再び刺激しました。

「あおおっ!おおっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんは絶叫しながら再び身体を硬直させて
一気に絶頂へと昇り詰めていく様子でした。

「オラッ!変態マゾ女、逝けよっ!」
私はそう言いながらアキノさんのお尻を力を込めて
アキノさんのお尻を叩きました。

「ひいいっ!おおっ!ひぐうっ(逝くうっ)!ひぐっ(逝くっ)!」
「そうだ、逝けっ!ケツ叩かれて逝け、変態マゾ女!」
「おおっ!ひぎはぐ(逝きます)!ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんはお尻を叩かれたまま絶頂へと昇り詰めていき
言葉にならない絶叫を上げながら全身を痙攣させました。

「ホラ、ケツ叩かれて逝きそうなんだろうが、変態マゾ女」
私は容赦なくアキノさんのお尻を叩きながら、
彼女のマゾヒストとしての興奮を高めていきました。

「ホラ、変態マゾ女、叩かれて逝けよ。ホラッ!ホラッ!」
「あがあっ!ぎゃああっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんは全身を痙攣させたまま悲鳴のような声を上げ
ビクビクと身体を震わせながらオルガスムスに達しました。

アキノさんはマゾヒストとして苦痛を感じながら絶頂に達して
果てた後、茫然としたまま力尽きて動かなくなりました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3690-cff55d7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック