FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

アキノさんを調教した時の画像をUPしまておきますので
ポチッとクリックしてFC2ブログランキングUPにご協力下さい!


私達はいつものホテルに入ると、私はホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットにしまってから私に命じられた通り
全裸になって首輪を嵌めてベッドの上の私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

彼女を仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドバイブで責めて連続で絶頂に追い上げました。

今後は彼女をうつ伏せにしてお尻を突き出させる姿勢を取らせ
ディルドしゃもじのスパンキングで何度も昇天させました。

次に、アキノさんに後背位からペニスを挿入し、
彼女の爛れた臀肉を叩きながら再び逝かせました。

アキノさんが後背位からの挿入と臀部へのスパンキングで
オルガスムスに達すると、私は今度は彼女を仰向けで寝かせ
縛られた足首を掴んで持ち上げ、屈曲姿勢を取らせました。

先ほどまで私自身を受け入れていた彼女の秘孔は
パックリと口を開いたままヒクヒクと肉唇を震わせながら
泡立って白濁した淫涎を垂らし、牝臭を放っていました。

私はそのまま肉茎の先端を彼女の秘孔に宛がい
一気に彼女の奥まで押し込んでいきました。

「あふうっ!あおお~…、おうう~…」
アキノさんは膣粘膜を押し広げられる感覚を味わいながら
歓喜の喘ぎ声を上げました。
そして私の動きに反応するようにブルッと内腿を震わせて
秘部への快楽を味わうように腰を突き上げました。

「フフフ…マ○コが気持ちいだろう…」
「あうう…ふぁい、ひおひいいえふ(はい、気持ちいいです)…
 おあんお、ひおひいいえふ(オマ○コ、気持ちいいです)…」
アキノさんは潤った敏感な粘膜の感覚に歓喜の声を上げました。

「フフン、じゃあお前が大好きなヤツをやってやろう…」
私はアキノさんの両足首を彼女の顔に寄せるように持ち上げ
最も深い状態の屈曲姿勢を取らせました。
そしてGスポットからポルチオへと届くように肉茎を突き上げ
彼女が女性としての悦びを最も感じられる責めを与えました。

「おおっ!いいっ!ひおひいいっ(気持ちいいっ)!おおおっ!
 おあんお、ひおひいいっ(オマ○コ、気持ちいいっ)!」
アキノさんは全身をビクビクと痙攣させながら快楽を受け止め
歓喜の絶叫を上げながら、同時に口から涎と泡を噴出しました。

「ホラッ!マ○コ気持ちいいだろうが」
「おううっ!ひおひいいえふっ(気持ちいいですっ)!
 おあんお、ひおひいいえふっ(オマ○コ、気持ちいいですっ)!」
アキノさんは快楽に浸りながらそう叫ぶのと同時に、
更なる激しい快感を貪るように自ら腰を突き上げて
私の肉茎を奥へと受け入れようとしていまいた。

「ホラッ、そのまま逝けよ、ホラッ!」
「あうっ!ひぎはぐ(逝きます)!はがひぎはぐ(また逝きます)!
 おおーっ!ひぐっ(逝くっ)!おおっ!ひぐうっ(逝くうっ)!」
アキノさんはそう叫ぶと全身を再び仰け反らせながら痙攣させ
再びオルガスムスに達して果てました。

つづく




FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3692-c71e703d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック