FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつものホテルに入ると、私はホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットにしまってから私に命じられた通り
全裸になって首輪を嵌めてベッドの上の私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

彼女を仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドバイブで責めて連続で絶頂に追い上げました。

今後は彼女をうつ伏せにしてお尻を突き出させる姿勢を取らせ
ディルドしゃもじのスパンキングで何度も昇天させました。

次に、アキノさんに後背位、正常位で挿入し再び逝かせました。

アキノさんが正常位でオルガスムスに達して果てた後、
私は彼女を縛っていた綿紐を解きギャグボールを外して
四肢と言葉の自由を与えました。

「ハァハァ…あぁ…ありがとうございます、ご主人様…
 気持ちよかったです…ありがとうございます…」
アキノさんは涙交じりの掠れた力の無い声でそう言って
必至に呼吸を整え自分を取り戻そうとしている様子でした。

私は今度はアキノさんの横に仰向けで横たわると、
「次は上になってやってみろ」
と淡々とした口調で命じました。

「はい、かしこまりました、ご主人様…」
アキノさんは脱力した身体に力を入れてヨロヨロと起き上がると
目隠しで視界を遮られたまま手探りで私のペニスを探り当て
しっかりと位置を確認してから対面騎乗位で私に跨りました。

そして、肉槍の切っ先を彼女自身の肉裂の入り口に宛がうと
一気に体重を掛けて身体を沈め肉棒を飲み込んでいきました。

「はうううっ!おお~っ!おおうっ!」
アキノさんは顔を仰け反らせながら自らの快楽を求めるように
腰を前後に振り、最も感じる部分に肉竿の先端が当たるように
動き始めました。

「おううっ!いいっ!オマ○コ気持ちいいですっ!おおおっ!
 ご主人様、ありがとうございますっ!ありがとうございます!
 奴隷のオマ○コ気持ちいいですっ!あおおーっ!」
アキノさんは狂ったように叫びながら一心不乱に腰を振り
快楽を貪り始めました。

「フフン、淫乱め、そんなに気持ちいいか、あん?」
「おおっ!はい、気持ちいいですっ!淫乱な奴隷は幸せです!
 ご主人様のオチ○チン気持ちいいですっ!おおーっ!
 奴隷のオマ○コ、気持ちいいですっ!おおーっ!」
アキノさんはそう絶叫しながら狂ったように腰を振り続け、
自分のGスポットとポルチオを自ら同時刺激し続けました。

「オラ、じゃあもっと喜べよっ!オラッ、オラッ!」
私はそう言って彼女の律動に合わせるように腰を突き上げ
彼女の粘膜洞の奥に肉塊を叩きつけるように刺激しました。

「あううっ!いいっ!オマ○コ気持ちいいっ!おおーっ!
 ご主人様のオチ○チン気持ちいいっ!あおおっ!
 逝くっ!また逝きそうですっ!おおっ!逝きそうですっ!」
アキノさんは更に強い刺激を受けると一気にエクスタシーへと
昇り詰めていきました。

「オラッ!逝けよっ!オラッ!逝ってみろっ!」
「ああっ!はい、逝きますっ!逝きますうっ!逝くうーっ!」
アキノさんは顔を仰け反らせて絶叫し、口から舌を出しながら
泡を吹いて全身をビクビクと痙攣させながらオルガスムスに達し
そのまま脱力して私の上に崩れ落ちるように果てたのです。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3693-6e10c5ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック