FC2ブログ
SMは誰の心にも多少なりともある嗜好だと思います。
内に秘めた想いや欲求を解放できる場としてこのブログを作りました。

おぼろげな記憶を拾い集めて確かな記録に変えるために
このブログを綴っていきたいと考えています。
そして過去のM女性のおもかげを辿りながら自分を見つめたいと思います。

私なりの目指す理想のSMを求めて書き綴っていきたいと思います。
FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓


詳細プロフィール:アキノさん

※今回の調教を最初から読むには『広島土産調教(その1)』まで。

**************************************************

私達はいつものホテルに入ると、私はホテルの部屋着に着替えて
ベッドに仰向けで大の字で横たわりました。

アキノさんは私の服をクローゼットにしまってから私に命じられた通り
全裸になって首輪を嵌めてベッドの上の私の横に正座しました。

そして彼女に奉仕を命じると嬉々として私の上に覆い被さり、
舌で耳から首筋、両腋、乳首、ペニスを舐めていきました。

私は口唇奉仕するアキノさんの髪を掴むと顔を押し付け、
それに合わせるように腰を突き上げてイラマチオを強要しました。

その後、私は綿紐でアキノさんの両腕を前で揃えて縛り、
脚を胡坐の状態になるように足首を固定して縛りました。
その上で、アイマスクギャグボールを嵌めました。

彼女を仰向けに寝かせて彼女の陰部を晒け出す姿勢にすると
ディルドバイブで責めて連続で絶頂に追い上げました。

今後は彼女をうつ伏せにしてお尻を突き出させる姿勢を取らせ
ディルドしゃもじのスパンキングで何度も昇天させました。

次に、アキノさんに後背位、正常位で挿入し何度も逝かせてから
綿紐を解きギャグボールを外して対面騎乗位で逝かせました。

アキノさんは対面騎乗位で逝き果てるとグッタリと脱力して
私に覆い被さるように崩れ落ちました。

「何だよ、重てえだろ、サッサと起きろ!」
私はそう言ってアキノさんを起き上がらせ、意識を取り戻すよう
頬を平手で叩きました。

「あううっ…、申し訳ございません、ご主人様…ハァハァ…」
アキノさんは脱力したままヨロヨロと起き上がって、
やっとの思いで自分を腕で支えました。

「次はこっちにケツを向けて上になってやってみろ」
「ううう…、はい、かしこまりました、ご主人様…ううう…」
アキノさんは私に命じられるとヨロヨロと身体を起こして
背中を向け背面騎乗位で肉茎を自らの中に迎え入れました。

「あううう…ううう…ううう…」
アキノさんは自分の中に肉塊の侵入を感じるとビクビクと
身体を震わせながら快楽を味わうように呻き声を上げました。

「ホラッ、ボケッとしてないで動けよ!」
私はそう言ってしゃもじで打たれて爛れたアキノさんの
臀肉を平手打ちしました。

「ひいいっ!も、申し訳ございません、ご主人様…ううう…」
アキノさんは弱った皮膚に強烈な痛みを感じて悲鳴を上げると
命じられた通りに腰を前後に動かし始めました。

「ホラ、その調子でもっとやってみろ!」
私はそう言いながらアキノさんのお尻を再び平手打ちして
更に催促しました。

「ひいっ!はい、かしこまりまっした、ご主人様…ううっ!」
アキノさんは悲鳴を上げながら私の催促に応えるように
腰の動きを速め、手で臀肉を掴んで広げて、
彼女の秘部が曝け出されて見えるようにしました。

「そうだ、いいぞ。そのまま続けろ、ホラッ!」
私はそう言いながら更にアキノさんのお尻を叩き続け、
併せて彼女の膣粘膜の奥へ突き刺すように
腰を突き上げました。

「ひいいっ!気持ちいいっ!オマ○コ、気持ちいいっ!
 お尻も叩かれて…気持ちいいですっ!あおおっ!」
アキノさんは秘孔を突き上げられるたびに歓喜の声を上げ、
お尻を叩かれるたびに苦痛の緊張で括約筋をグイグイと
締め上げてきました。

「オラッ!ケツ叩かれて嬉しいだろうが、ホラッ!」
「あうっ!気持ちいいですっ!オマ○コもお尻もいいです!」
アキノさんは発狂したように叫びながら腰を振りたて
括約筋をキュウキュウと締め上げてきました。

その膣の小刻みな痙攣を感じながら
アキノさんが膣粘膜の快楽刺激と臀肉への苦痛刺激とで
絶頂に近づいているのを感じていました。

「ああっ!いいっ!お尻とオマ○コ気持ちいいっ!おおっ!
 逝きそうですっ!また逝きそうですっ!おおーっ!」
アキノさんはそう叫びながら再び絶頂に向かって昇り詰め、
全身を痙攣させながらオルガスムスに達して果てると、
グッタリとベッドに崩れ落ちました。

つづく


FC2 Blog Ranking に参加しています!
↓↓↓ポチッとクリックして応援よろしくお願いします↓↓↓

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ryoujokubanashi.blog75.fc2.com/tb.php/3694-229034be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック